世界一受けたい授業【運動脳・アンデシュハンセン】脳の3大危機&解消法とは?

2023年1月21日

世界一受けたい授業

日本人の脳にまつわる3大危機”

世界でベストセラー「スマホ脳」著者が教える「運動脳

スウェーデンからアンデシュ・ハンセン先生が初来日!

記憶力の低下や集中力の低下など、日本人の脳にまつわる危機を改善すべく、運動が脳を鍛えるメカニズムを紹介。

脳に効果がある運動も教えてくれますよ。

スポンサーリンク
レクタングル大

世界一受けたい授業「運動脳」

日本人の脳にまつわる3大危機

記憶力低下

記憶力が気になる人は、有酸素運動をしましょう。

海馬が発達し、記憶力を上げる効果があります。

ウォーキングすることで海馬の血流量が増加、刺激され、海馬が大きくなります。

ディアルタスクもも上げ

記憶力にオススメの運動は、ディアルタスクもも上げ。

デュアルタスクは2つのことを同時に行うこと。

その場でもも上げしながら、体を順番通りにタッチします。

手の甲→肘→肩→逆の肩→耳→逆の耳→最後は両手で太ももを2回タッチ

集中力低下

集中力に関係するのは、前頭前野。

前頭前野の発達を妨げるのは、対人コミュニケーション不足。

また、動画の倍速視聴は、表情や間が感じ取りにくく、コミュニケーション力が身につかなくなります。

運動後1時間は、記憶力・集中力がアップします。

何かをする前に運動するのがオススメ。

ストレス

ストレス抑制に関係あるのは、前頭葉。

前頭葉も運動で発達。

また運動の習慣化で、ストレスに脳が慣れます。

ウィーキングより、よし負荷がかかるランニングがより効果が期待できます。

また筋トレなどの無酸素運動も効果的。

筋肉量を増やすと、ストレスを無害化する物質も増加。筋肉量がアップするとストレスに強くなります。

腰振り風船割り

ストレス抑制におすすめの運動。

  1. 足を肩幅に開いて立ち、足をゆるめる
  2. 手をグーにして上に伸ばす
  3. 腰の左右に風船があることをイメージし、腰を振って風船を割る
  4. 1分間行う

アンデシュ・ハンセン著「運動脳」

アンデシュ・ハンセン先生は、1974年生まれ。スウェーデン・ストックホルム出身。

スウェーデンで国民的人気を得た精神科医。

著書に、世界的ベストセラー『スマホ脳』『最強脳』などがあります。

『運動脳』は、先生の最大のベストセラー。

本国スウェーデン(人口1000万)で驚異の67万部超え。

「ストレスを効率よく解消するには?」「集中力を切らさない技術」「底なしの記憶力を手に入れる」「やる気を科学的に高める方法」「学力を高める本当のやり方とは?」など。

ありとあらゆるパフォーマンスを高める方法が明かされています。

運動脳まとめ

世界一受けたい授業

世界でベストセラー「スマホ脳」著者アンデシュ・ハンセン先生教える「運動脳

運動は脳に効果的!週に3回、30~40分のランニングがオススメですが、歩くだけでも効果あり。

身体を動かすことが大切なのですね。

スマホ脳の授業はこちらへ!

2021年6月12日 世界一受けたい授業 ベストセラー「スマホ脳」から学ぶ! スマホが脳に与える影響が、脳科学の最...

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする