世界一受けたい授業、ダシを使わず絶品和食!冷や汁、かき揚げ、蒸し鶏、トマト肉じゃが

2018年5月26日放送。

冷や汁そうめんは、出汁の代わりに何を使う?

丸くてサクサクのかき揚げのコツとは?

蒸し鶏をジューシーにするには?

分とく山総料理長 野崎洋光先生の新しい和食の授業です。

ダシを使わない、簡単料理レシピを教わります。

スポンサーリンク
レクタングル大




ダシを使わない冷や汁

1、味噌40gを水400㏄で溶く。

2、アジの干物を焼いて、骨をとってほぐす

3、小口切りキュウリを塩でしんなりさせる。

4、白ごま、豆腐、アジ、青じそ、キュウリを入れれば、出来上がり。

ご飯にかけたり、そうめんのつけ汁にも。

塩気のあるアジは旨味が凝縮、味噌と相性抜群です。

真ん丸さっくりかき揚げ

1、人参、長ネギ、春菊、海老を食べやすい大きさきって、小麦粉をまぶす。

2、水100㏄、卵1個、小麦粉60gを別のボールで混ぜる。

3、タネに衣を2/3入れ、食材と衣を混ぜる。

4、衣は少量残しておきます。

5、小さいフライパンで、タネを散らして入れます。

6、後から残りの衣を入れて、タネをつなぎます。

7、ひっくり返して火を通す。

フライパンの大きさ=かき揚げの大きさになります。かなり大きいです。

塩と、抹茶塩でいただきます。サクサクです。

柔らかジューシー蒸し鶏

1、鶏肉の両面に塩をふって10分置く。

2、皮を上にして、大根おろしを乗せる。

3、器ごと蒸し器に入れ、中火で20分。

トマトジュースでダシ

トマトに含まれる旨味成分グルタミン酸は、昆布にも含まれるもの。

肉魚のイノシン酸と合わせると、最強!

肉じゃがもダシの代わりにトマトジュースを使います!味噌汁に使っても。

作ってみました

冷や汁

味噌と水を混ぜます。

アジの開きは焼いておきます。骨を取ってほぐします。

薄切りのキュウリは、塩を振って絞っておきます。

ほぐしたアジ、絞ったキュウリ、豆腐、千切りにした大葉、すり白ごまを混ぜます。簡単です。

ご飯にかけていただきました。

アジの干物が入っていると、美味しさアップ。

出汁なしでも、とても美味しい冷や汁になりました。

これから暑くなる季節、食欲がない時も、冷や汁ならススっと食べられそうですね。

ミョウガやネギを入れてもいいかも。そうめんにも合いそうです。

美味しかったので、また作ります!

蒸し鶏

鶏肉の両面に塩を振って10分置きます。鶏はむね肉を使いました。

耐熱皿に鶏肉を乗せ、上に大根おろしを乗せます。

本当は、お皿ごと蒸し器に入れて20分…なんですが、うちには蒸し器がない💦

家では蒸し鶏は、いつもレンジで作ります。

手抜きですが、ラップにしてレンジ加熱しました。

簡単出来上がり。

勿論、大根おろしもそのまま食べられます。私はポン酢をかけていただきました。

レンジでも、ふっくら美味しくできましたよ。

かき揚げ

フライパンで真ん丸かき揚げ。

具材は変えて、玉ねぎ、人参、桜海老で作りました。

具材は先に小麦をまぶしておきます。

別のボールで、タネを作ります。

タネの2/3を具材に混ぜます。

小さなフライパンに、混ぜた具材を全部入れます。

後から残ったタネを落とします。

ひっくり返すのは、菜箸で普通に返せました。

裏も火を通したら、出来上がり。

ちょっと具材は入れすぎましたね。

具材が多かったので、タネを全部足さなくても具はつながってました。

あんまり大きいかき揚げなので、なんだか別の物を作っているような錯覚を覚えます。

ひっくり返すのは1回だけ。小さなものをたくさん作るより、楽かもしれません。

ただ浅いフライパンで作るので、ちょっと焦げやすいです。

サクサクで、美味しいかき揚げでした。



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする