世界一受けたい授業「やめてみた。」わたなべぽん先生のやめたことは?

ビニール傘

2020年10月17日

世界一受けたい授業 「やめてみた。」

誰もが共感できる習慣や思い込みを「やめてみる」ことで、毎日が楽しくなる!

やめてみる事で身も心もスッキリ。

話題のエッセイ漫画「やめてみた。」の著者で、漫画家・主婦わたなべぽん先生の授業です。

スポンサーリンク
レクタングル大

世界一受けたい授業 「やめてみた。」

ポン先生の「やめてみた」体験

ビニール傘

外出先で雨が降るたびにビニール傘を買い、気づくと家にビニール傘が11本、7500円分の傘が。

ビニール傘を処分。天気予報をチェック、折り畳み傘を持ち歩くように。

玄関もスッキリしました。

「すみません」

ポン先生は、よく「すみません」と言っていました。

ご主人に代わりに「ありがとう」と置き換えられると言われてからは、「すみません」をやめてみたそうです。

リビングのごみ箱

リビングのごみ箱に捨てたバナナのせいで、小さな虫が湧いてしまいました。

思い切ってリビングにゴミ箱を置くのをやめ、キッチンのごみ箱で分別することに。

リビングがすっきり、掃除がしやすくなりました。

長財布

レシートでパンパンになっていたので、長財布をやめてみました。

財布を小さいものに変えることで、カードも厳選。レシートを毎日出すように。

財布の大きさを気にしないですむので、身軽でおしゃれになりました。

家事の分担

夫婦で家事の分担をやめました。

一気に二人で家事をすませ、二人で一緒にくつろぐように。

「察してほしい」

夫に察してほしいと思うことをやめて、言葉にするように。

つまらないことで不貞腐れることがなくなりました。

一度やめてみると、その良さがわかる

「やめる」ではなく、一旦「やめてみる」

一度やめてみることで、そのものの良さがわかるようになると言います。

ワインボトルや、歯磨き粉は、一度辞めてみたあと、もう一度使うようになったそうです。

まとめ

一旦やめてみると、大切なものがわかると言うぽん先生のお話でした。

「察してほしい」と「すみません」は、私もわかるな~と思って聞いていました。

これは私も一度、やめてみようと思います。

色々なことを詰め込み過ぎる人、多いかもしれません。

先生はスケジュールがスカスカなのに、見栄を張って忙しいふりをしたり、充実させようと好きでもない映画を見たりして予定を埋めていたそうです。

しかし充実させるより、「充実した人に見えそう」と考えて無理をしただけに…。

充実感は人それぞれでいいんだと気づいたそうです。

家庭の中や仕事中に充実感を覚える人は、無理しなくて良いのですね。

一方で、自分の好きなものにとことんハマるのは良いこと。やめなくてもいいというお話もされていました。

趣味は大切にしていいんですね。

わたなべぽん著「やめてみた。」

出版社:幻冬舎

シリーズ3冊で、累計40万部突破

  • やめてみた。本当に必要なものが見えてくる、暮らし方・考え方
  • もっと、やめてみた。 「こうあるべき」に囚われなくなる暮らし方・考え方
  • さらに、やめてみた。 自分のままで生きられるようになる、暮らし方・考え方

やめてみることは、自分を肯定すること。

「こうあるべき」をやめてみたら、自分を抑えず、本当にやりたいことが見えてきたーー

よかったらこちらもどうぞ。

2020年4月11日 5人に1人!? 繊細すぎて疲れてしまうHSPとは? 周りの音が気になって集中できない。 環境...
2020年6月6日 話題の本が15分でわかる! 今読んでほしい本がある、生きる力になる世界一書店。 斎藤孝先生の授...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする