世界一受けたい授業9歳のユーチューバーライアン君!動画配信の人気の理由は?

おもちゃ

2021年5月1日

世界一受けたい授業

2020年最も稼いだユーチューバー ライアン君に学ぶ!

9歳で30億円稼いだライアン君は、9つのチャンネルを持ち、登録者総数4000万人 総再生回数は540億越

お父さんで動画をプロデュースいている映像制作会社代表、シオン・カジ先生32歳の授業です。

世界一受けたい授業 YouTuberライアン君

世界一稼ぐユーチューバー

おもちゃを紹介する投稿が人気のユーチューバー、ライアン君。

おもちゃを紹介するだけでなく、寄付もしています。

チャリティー団体に寄付することで、社会問題に関心をもつきっかけになれば、とお父さんは話していました。

ライアン君のお母さんはベトナム人。

動画撮影のきっかけは、お金のためでなかったそうです。

日本やベトナムにいる親戚に、ライアン君の成長を伝えるために始めました。

2015年の最初の投稿は、レゴで遊ぶ動画で、再生回数は5000万回以上

自然体で無邪気に遊ぶ様子が、同世代の子どもから共感されています。

投稿をはじめて4か月後、総再生回数は世界トップ20に。

ライアン君の将来の夢は、自分でゲームを開発して、動画で見せること。

動画配信の工夫

より多くの人に見てもらうため、動画の投稿時間を変更。

親が朝ごはんを準備している時、子どもが動画を見ることが多いので、朝7時に投稿するようにしたそうです。

撮影時間は週に3時間

何かを犠牲にして撮影はしない。

充実した学校生活を送ることが大事。

ユーチューバーしか生きる道がないと思ってほしくないと、お父さんは話していました。

また、実験動画を撮影する時のルールは、家で再現できるもの。

同じようにまねしたり、行動を起こすきっかけになるようになってほしいため。

アメリカでは子どもの権利を大事にしていて、子役が犠牲にならないような社会になっているそうです。

お金の管理

収入は特別な口座に入っていて、ライアン君本人も親も、大人になるまで引き出せないようになっています。

責任を持てる年齢になったら引き出せるように。

また、今まで買った一番高価な買い物は、ハワイの家。

自然が豊かなハワイに引っ越したそうです。

まとめ

アメリカの経済誌「フォーブス」が発表した、「2020年の最も稼いだユーチューバー番付」

3年連続1位は、約30億円を稼いだ男の子、ライアン・カジ君

アメリカに住むはライアン君は、福島県出身の日本人の父を持つ9歳の男の子です。

カジ君は3歳からカメラの前でおもちゃの箱を開け、中身を説明するチャンネルを始めて人気となり、今は科学の実験なども配信しています。

マンガでわかる YouTuber養成講座

マンガでわかる YouTuber養成講座 世界一のRyan’s Worldのノウハウ公開!

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらこちらもどうぞ。

2020年6月10日 ユーチューブの意外な活用法が紹介されました。 人気おすすめ動画はこちらです。 見るだけで...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大