世界一受けたい授業 急増する若者の健康異常、口臭、難聴、色覚異常

10月28日の世界一受けたい授業

2時限目 保健体育

近年急増する若者の健康異常を取り上げます。

肺炎、口臭、無呼吸症候群…何気ない行動が健康異常をもたらします。

スポンサーリンク
レクタングル大




難聴

先進国の若者の半分、約11億人に難聴の危険があると言われています。

原因はイヤホン。

特に電車内などうるさい場所では、大音量になりがち。

使用は、1日2時間までにしましょう。

口臭

原因はスマホ。意外ですね。

下を向いていると、唾液腺が圧迫され唾液が減少します。

熱中すると交感神経が優位になり、ますます唾液が減ってしまいます。

1時間使用したら、顎の下の唾液腺をマッサージしたり、水分補給で口が乾かないようにしましょう。

睡眠時無呼吸症候群

原因は小顔。

小顔だと気道が狭いので、あおむけになると舌で気道が塞がれてしまいます。肥満でもなります。

セルフチェックはあっかんベーで。

あっかんべーをした時に、喉の奥まで見えていればOK。見えないと危険性があります。

睡眠外来でマウスピースを作るなど対策をしてもらいましょう。

強迫神経症

不安な考えが過剰に浮かんできて、押えられない症状です。

その不安を押えようと同じ行動を何度も繰り返して、生活に支障をきたします。

家の施錠や電機のスイッチを何度も確認したり、過剰にストックしたり…。

対人関係の悩みを改善すると、強迫神経症がよくなるケースもあります。

色覚異常

真っ赤なバラが、黄土色に見えてしまう人がいます。

焼き肉は、生の色と焼けた色の判別ができません。

信号の色がわかりにくい人は、一度眼科で診察してもらいましょう。

寝ぼけ食い

今アメリカで、20~30代女性に増えています。その内、日本人にも増えるかもしれません。

無理なダイエットで食事制限をしている人が、寝ている間に食べてしまいます。本人は全く自覚がありません。

無理な食事制限はせず、運動を心がけましょう。

何故、若者に?

過剰なストレスと、偏った食事によって免疫力が低下したのが原因です。

今まで軽症だったものが重症化してします。

奥仲哲弥先生

教えてくれたのは、奥仲哲弥先生。著書も多いです。

最期まで元気でいたいなら、「健康寿命」より「快楽寿命」をのばしなさい! [ 奥仲 哲弥 ]


長生きしたけりゃ「肺活」しなさい [ 奥仲哲弥 ]

よかったらこちらもどうぞ。

1時限目 世界一受けたい授業 子どもの脳が変形するマルトリートメント

3時限目 世界一受けたい授業「ハーバードでいちばん人気の国・日本」長生きスープも 



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする