ケンミンショー三輪そうめんは奈良熱愛!高級素麺は細さとコシが自慢

そうめん

2019年9月12日

秘密のケンミンSHOW

極細とコシが魅力!奈良「三輪そうめん」

日本三大素麺は、播州素麺(兵庫県)、三輪素麺(奈良県)、小豆島素麺(香川県)。

その中で、奈良の三輪素麺が取り上げられました。

”三輪素麺はスーパーで買う他の素麺とは違う”と、県民の皆さんおっしゃいます。

スポンサーリンク
レクタングル大

奈良県熱愛グルメ・三輪そうめん

三輪そうめんの「三輪」は「三輪山」のこと。奈良県桜井市が本場。

桜井市を中心に、奈良県内に三輪そうめんメーカーは70軒以上あります。

桐箱入りの三輪素麺は、お中元の定番です。

普通の素麺よりも細くても、しっかりこしがあり、切れたりしません。

極細なので、茹で時間はたったの60秒。

食べ残したものは水と一緒に冷蔵庫で保管。ヨレヨレにならず美味しくいただけます。

三輪そうめんは細さとコシが特徴。時間がたっても伸びにくいのです。

そうめんの「ふし」は、お味噌汁の定番。

そうめんを作る時につるした端っこの部分です。

小麦粉、塩水を練って作られます。ローラーにかけて紐状にして、さらに細くして、手延べマシンで極細に。

丸一日乾燥したら完成。

細さのランク

そうめんは、細さのランク=値段のランク。

細ければ細いほど高級品。

  • 神杉(かみすぎ) 約0.5㎜
  • 緒環(おだまき) 約0.7㎜
  • 瑞垣(みずがき) 約0.9㎜
  • 誉(ほまれ) 約1.2㎜

そうめんは奈良発祥

1200年くらい前に、日本最古の神社「大神神社」の宮司の次男が、飢饉に苦しむ人を救うため、三輪の里で小麦を植え、そうめんの原型となる「索餅(さくべい)」を作ったのが最初。

江戸時代にはお伊勢参りの宿場として栄え、そうめんの製法を学んだ人が地元に持ち帰り、全国に広まりました。

三輪そうめんのお店

三輪素麺茶屋 千寿亭

  • トマト味噌にゅうめん 982円

梁山泊

  • 揚げ素麺 野菜あんかけ 734円

 三輪素麺のお取り寄せ

奈良の三輪素麺。

高級だけあって、美味しそうでしたね。

その年作られたそうめんは新物(しんもの)と言います。

一年寝かせたものが古物(ひねもの)、2年寝かせたものが大古物(おおひねもの)。古いほど高級です。

こちらは新物。番組で紹介されていた老舗メーカー「池利」のそうめんです。


三輪そうめん40束 50g×40束 2kg 約26人前 誉 新物 池利

こちらは古物の三輪素麺。


三輪の白髭 古物 【高級極寒三輪そうめん/細麺】 50g×20束 正倉院箱 約13人前 【10,000円以上送料無料】

こちらが大古物の三輪素麺です。


三輪山本 家庭用 大古物(おおひねもの)手延べそうめん 三輪そうめん土蔵囲い200g(4束入り)

お味噌汁の具の定番、ふしはこちらです。

できたお味噌汁に入れるだけでOK!


三輪そうめん 素麺 ふし 200g 吉田麺業 ケンミンショー

よかったらこちらもどうぞ。

2018年8月2日「秘密のケンミンSHOW」 奈良名物・吉野くずの魅力! 吉野くずは、奈良の夏定番スイーツであり、料理の食材でも...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告