金スマ「ひざ裏のばし」で背筋を伸ばす!壁ドンストレッチのやり方

2018年12月14日放送。

中居正広の金曜日のスマイルたちへ 1日3分「ひざ裏のばし」背筋がピン!

「かわむらクリニック」の川村明先生に、ひざ裏のばしを教わりました。

1回5秒、計3分、壁ストレッチで健康長寿に!

ストレッチのやり方をお伝えします。

・壁ドンストレッチ

・壁ピタストレッチ

・1・2・3・ストレッチ

スポンサーリンク
レクタングル大

ひざ裏の硬さ

ひざ裏が姿勢に悪さの原因

背中が丸くなるのは、ひざ裏の硬さが原因。

運動不足や加齢によって、ひざ裏は硬くなり、伸縮性がなくなってしまいます。

ひざ裏が伸びないと、太ももの筋肉に力が入らず、腰回りの筋肉がゆがみ、姿勢が悪くなります。

姿勢の悪さは、背骨の異常を引き起こします。

姿勢をよくする=膝をのばすこと。

前屈チェック

ひざ裏の硬さは、前屈でわかります。

背中が曲がってしまう予備軍

手がひざまで届く= 非常に硬い

手が足首まで届く= 硬い

背中が曲がりにくい

指先が床に届く = 柔らかい

手の平が床に届く= 非常に柔らかい

ひざ裏のばし

曲がった姿勢が良くなる!

腰痛が改善する!

ひざ裏のばしは、3日続ければ効果があるそうですよ。

壁ドンストレッチ

1、壁に向かって約1m離れた位置に立つ。

2、鼻から息を吐きながら右足を前に出し、両手を肩の高さで壁につける。

3、右足は曲げ、左足はひざ裏がピンと伸びるようにする。

4、壁をゆっくり5回押す。

お腹とお尻に力を入れ少しずつ息を吐きながら、5秒かけて押すと効果的。

5、両手をのばし、かかとは床を強く踏みしめ5秒間キープ。ゆっくり口から息を吐ききる。

左右の足を変えて2セット行う。

壁ピタストレッチ

1、壁を背にして立つ。

かかと・腰・背中・後頭部を壁につけ、その4点を意識して立つ。

つま先は90度ほど開き、両ひざはなるべく内側に力を入れてくっつける。

正しい姿勢と共に、ひざ裏をのばす。

2、手の平を壁につけながら、5秒かけて口から息を吐く。

ひざと腕はしっかり伸ばして、正しい姿勢をキープ。

3、5秒かけて鼻から息を吸いながら、手を返した状態をキープ。

1日1セット、正しい姿勢をキープしましょう。

1.2.3ストレッチ

1、5秒かけて鼻から息を吸いながら、両足を大きく広げて立つ。

肩幅よりもかかとが外側にくるように足を広げる。開く角度は90度が目安。

2、5秒かけて口から息を吐き、ゆっくり腰を下げていく。

体を前や後ろに傾かせない。真っ直ぐに下げること。

3、腰をさげた状態をキープし、「ワン・ツー・スリー」と元気よく言いながら、太ももを3回叩く。

4、5秒かけて鼻から息を吸い、ゆっくり立ち上がる。

5、立った後「ワン・ツー・スリー」と言いながら、お尻を3回叩く。

3セット行う。

ひざが辛い人は、浅くやっても効果あり。深くやるとより効果的。

川村明先生の本

教えてくれた川村先生は、「かわむらクリニック」院長。

外科・内科・皮膚科など総合的に診療する傍ら、ヨガ教室を開いています。

本は、25万部のベストセラー。


5秒 ひざ裏のばしですべて解決 [ 川村明 ]


体がみるみるよみがえる! 5秒ひざ裏のばし 完全ガイド (主婦の友生活シリーズ)

よかったらこちらもどうぞ。

名医のTHE太鼓判、腰痛改善にはひざ裏のばし!3つの体操のポイント

金スマ「医者が教える食事術」第2弾!ニンニクだけ牛乳だけでは効果なし



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告