教えてもらう前と後 10分で絶品アジフライ!魚を三枚に下ろすコツ&キュウリソース

アジフライ

2019年4月9日

人生最高のアジフライの秘訣は、自分でさばくこと。

東京吉兆で12年の包丁のスペシャリスト・服部栄養専門学校日本料理専任教授の西澤辰男さんに聞きました。

スポンサーリンク
レクタングル大

わずか10分で魚を三枚に下ろすコツ

包丁の握り方

魚をさばく時、包丁は人差し指は上に置く。

人差し指がセンサーになり、正確に切れます。

下準備

1、ウロコや頭を切って、内臓をとる。

2、フキンなどで水気をふき取る

立ち位置

立ち位置はやや離れた場所。包丁をひいた時、お腹が当たる距離に立つ。

アジを3枚に下ろす

包丁を入れる順番は、腹→背→背→腹。

最初に皮だけ切って、どれをガイドラインにして深く切るのを繰り返します。

1、最初は腹の皮だけを切る。

2、1の切れ目をガイドラインにして、奥の中骨まで切る。

3、背の皮だけを切る。

4、3の切れ目をガイドラインにして、中骨まで包丁を入れる。

5、尾の付け根から背骨にそって刃を入れて、身を切り離す(これで片身が離れる)

6、ひっくり返して、反対側の背に切れ目を入れる。

7、6の切れ目をガイドラインにして、中骨まで包丁を入れる。

8、皮に切れ目を入れ、奥まで包丁を入れる(これで反対の片身が離れる)

9、腹骨を切る。包丁を寝かせて入れ、最後に包丁を立てること。

アブフライのソース

1、キュウリをすりおろして水気を切る

2、大葉、ミョウガ、ポン酢を混ぜる。

3、一味をかける。

冷凍のアジフライは鮮度が落ちています。

フライでも、自分でさばいた方が美味しい!

魚をさばくのはメンドウなのでさけてきましたが、今度やってみようと思います。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告