マツコの知らない世界、大学博物館の世界、化石発掘、水族館、拷問展示

11月7日の、マツコの知らない「大学博物館の世界」

年に100回大学博物館に通う男・大坪覚さん登場。

東京家政大学、龍谷大学などの大学博物館を紹介。

空前の博物館ブームの中、大学博物館は穴場です。

大学博物館はほとんどがタダ! 全国420か所もあります。

大学博物館の世界

明治大学

世界中の拷問器具が見られる日本唯一の博物館。

元は法律の学校で、刑罰の研究のための展示。

目玉は鉄の処女(アイアンメイデン)。中世ヨーロッパで使われた恥辱刑の道具。

1年に20回以上行っているそうですよ。

東海大学 海洋科学博物館

入館料 大人1,500円

400種類以上の海の生き物を展示した国内トップレベルの水族館。

幻のサメ・メガマウスザメのはく製や、世界最大級のリュウグウノツカイの標本など、深海生物の展示は圧巻。

東京農業大学 「食と農」の博物館

入館無料

食文化や農業にまつわる展示が充実。

植物園と動物園が併設。珍しい生き物を無料で見れます。

全国の日本酒の蔵元の8割が卒業生という関係で、酒瓶コレクションもあります。

京都精華大学 京都国際マンガミュージアム

入館料800円

30万点のマンガや資料を所蔵&読み放題。

貴重な雑誌の創刊号などを読むこともできます。

東京大学 農学資料館

入館無料

日本でここにしかないペットの心臓があります。

それはなんと忠犬ハチ公の心臓!

飼い主の上野英三郎は東京大学農学部の教授だった縁で、死後の解剖された臓器が寄贈されました。死因がフィラリアに寄生されたものであることがわかります。

ちなみに、ハチ公のはく製は国立科学博物館が所蔵しています。

1度でいいから行ってほしいベスト3

第3位 國學院大學博物館

入館無料

3万年前からの貴重なお宝がずらり。日本に1つしかない「挙手人面土器」など、10万点が収蔵。

1番のおすすめは引き出しの中の縄。

縄文土器の縄を学芸員が再現した手作り。模様によって100種類以上あります。流行もあったのでしょうかね。

第2位 東京家政大学博物館

入館無料

女子大ですが、守衛室で入館証をもらえば一般の人でも入れます。

スタンプラリーをやっていて、オリジナルグッズがもらえます。

日本で最初の服飾系専門学校で、明治から昭和にかけての生活・衣類の展示が充実。

イチ押しは、裁縫雛形。

縮尺三分の1で作った衣服。その内2290点が国の重要有形民俗文化財です。

海水浴着を再現して、学生さんに着てもらいました。

第1位 城西大学 大石化石ギャラリー

入館無料

大石道夫博士の化石コレクション。1億年前の貴重な化石が展示されています。保存状態はトップレベル。魚は鱗や骨まできれいに残っています。

化石のエキスパート学芸員宮田さんイチ押しは、へりこちゃん!? ヘリコプリオンの歯の化石。暇な時は解説してくれますよ、

事前予約で化石発掘体験ができます。教材費900円

4億5000万年前の化石が入った石を、金づちで割ると化石が出てきます。

マツコさんが発掘したのは、三葉虫。古生代に生息していた節足動物の仲間。モロッコからは三葉虫の化石がたくさんあるそうですよ。

大坪覚さんの本

後半の内容です。

マツコの知らない世界、シャボン玉の世界、秘伝のシャボン液レシピ 



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大