マツコの知らないギャル雑誌の世界!egg編集長が個性派ギャルを紹介

メイク道具

2021年5月11日

マツコの知らない世界 ギャル雑誌の世界

14年間ギャル雑誌1000冊以上を読み続ける女性 赤荻瞳さんが登場。

10歳からギャル雑誌を読み始めた24歳の、現役egg編集長

令和のギャル雑誌に登場する個性派ギャルを紹介してくれました。

この記事ではギャルのTwitter、Instagram・YouTubeなどをまとめています。

マツコの知らない世界 ギャル雑誌の世界

人気個性派ギャル

あやかてぃーん

ゆずは

山梨県 18歳

白やピンク、もこもこした服など、うさぎをイメージしたファッションが特徴。

この投稿をInstagramで見る

雨宮由乙花 / Yuzuha(@_pinkbunnygirl_)がシェアした投稿

まぁみ

茨城県 19歳

エロかわ 蛍光POPの女神

あいめろ

和歌山県 21歳

ニュータイプ肌みせの開拓者。

ネットを駆使し、国内外で他とはかぶらない肌見せファッションを追求。

きぃりふ

茨城県 19歳

チェーンベルトの魔術師

ギャル雑誌からの教訓は「見えない圧力で周りに流されない」

最強武装メイク

ギャルメイクは武装。

メイクはカワイイと作るんじゃない、新たなキャラクターを作り出すもの。

普段は学校や仕事で普通のメイク、週末など限定で武装メイクする週末ギャルも増加中。

りあな

千葉県 18歳

整形級ギャルメイク

運転手付き高級車で移動する超セレブギャルモデル。

容姿のコンプレックスをギャルメイクが解決。

  • アイラインを一般的な長さの3倍にする
  • 瞼の下にオーバーラインをひく

みりちゃむ

埼玉県 19歳

童顔脱却のメイク

  • 大人っぽさを出すため、フチなし色素薄めのカラコン
  • ブラウン系のアイシャドウを縦のグラデーションで塗る

せいな

神奈川県 19歳

2歳児を育てる人気ギャルママモデル

チャイボーグメイクは、チャイナ×サイボーグの造語

完璧すぎて人間離れした美しさを持つ、中国美女風メイク。

  • アイシャドウは濃い目の色を使い、普段の3倍濃く塗る
  • アイラインは極太で、色がより濃いもので横長に引く
  • リップは発色するものを使う

この投稿をInstagramで見る

聖菜️️ (せいな)(@___seinaaa318)がシェアした投稿

えりぴ

群馬県 17歳

鬼ライン詐欺メイク

  • アイラインの目じりを垂れて跳ね上がる
  • ペンシルアイライナーを使って、はねさせたアイラインを目の下に繋いで塗る

この投稿をInstagramで見る

E R I K A(@iametann)がシェアした投稿

まとめ

マツコの知らないギャル雑誌の世界

昔よりも今のギャルを見てほしいと、個性的なギャルたちを紹介してくれました。

ギャルは、今も昔も、歌は「浜崎あゆみ」が人気だそうです。

ギャルマインドは「自分の気持ちにウソはつかない」という精神。

”ギャルの先輩”と言われて、マツコさん、ちょっと嬉しそうでした。

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

よかったらこちらもどうぞ。

2018年7月3日放送マツコの知らない世界 関東の激辛料理店を8割めぐった親子・娘の石井夕紀さん、母の幸子さんが登場。 ...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大