マツコの知らないインスタントハンバーグの世界!絶品肉感&煮込み系

2018年12月11日放送「マツコの知らない世界」

~インスタントハンバーグの世界~

年間400バーグを食べるハンバーグ王子・松島和之さんが登場。

ハンバーグの3代個性は、肉汁・肉感・ソース。

マツコさんは、ふわっとしたハンバーグが好きですって。

この記事の前半は、マツコの知らない世界で紹介されたハンバーグをまとめています。

後半は、ハンバーグの食べ比べのレポートになっています。

参考にしてください。

スポンサーリンク
レクタングル大

王道2社インスタントハンバーグ

伊藤ハム

旨包ボリュームリッチハンバーグ 自家製デミグラスソース 432円

食肉売り上げ2位。

粗挽き肉を細挽き肉で包み、肉の旨味とジューシー感を外に逃がしません。


伊藤ハム 旨包ボリュームリッチハンバーグ(自家製デミグラスソース)X10袋 【冷蔵商品】

日本ハム

極み焼ハンバーグステーキ 濃厚デミグラスソース 442円

食肉売り上げ1位

焼きの香ばしさと際立たせるため、ハンバーグとソースは別。


日本ハム 極み焼きハンバーグステーキデミグラスソース225gX8袋 めっちゃ旨いハンバーグ見つけました 冷蔵商品

肉感ハンバーグ

ソースがいらない、濃厚ジューシーな肉汁系3品。

有田牧畜産業

宮崎 有田牛 手ごねハンバーグ 480円

牛100%

あっさりなので、肉汁が多くても、胃もたれしません。

肉汁を吸った玉ねぎで、旨味倍増。


宮崎有田牛(EMO牛)手ごね生ハンバーグ 150g×5個セット) 送料無料(北海道・沖縄は除く) 牛 国産 和牛 ハンバーグ

株式会社門崎

格之進 白格ハンバーグ 648円

合挽 国産黒毛和牛+白金豚

塩糀で保水力アップ! 毎月10万個以上の売り上げ。


格之進 白格ハンバーグ(5個セット) 黒毛和牛+白金豚+塩麹

やえやまファーム

南ぬ豚 網脂ハンバーグ 684円

豚100%、石垣島産アグー豚(F1種)

豊富な脂と旨味が特徴。肉汁がスゴイ!


南ぬ豚 網脂ハンバーグ140g×6個セット やえやまファーム マツコの知らない世界 石垣島産アグー豚100%

煮込み系ハンバーグ

湯煎タイプ3品

北野エース キタノセレクション

特製トマト 煮込みハンバーグ

小さめサイズ。子どもの喜ぶ家庭的なハンバーグ。手作り感を重視した懐かしい味わい。

平田牧場

三元豚 煮込みハンバーグ

コクの深いあごだしを使用。スープハンバーグのよう。


平田牧場日本の米育ち「三元豚 煮込みハンバーグ」【 1人前 135g(固形量105g) 国産豚使用】※調理済み品(無添加・化学調味料不使用)煮込み ハンバーグ 山形 庄内 酒田 鶴岡 お土産 特産品 名産品 お取り寄せ

飛騨牛肉のひぐち

飛騨牛煮込みハンバーグ

マツコさんが好きなふわふわ柔らかい煮込み系。飛騨牛100%使用。

マツコさんが「ダントツでコレ!」


【肉のひぐち】 飛騨牛 煮込みハンバーグ 240g{固形(120g)、ソース(120g)}×6個 【6個まとめ買い】 冷凍総菜

超究極!

シャトーブリアンプレミアムハンバーグ 2個入り 54000円

5つ星の超高級品。

1頭から600gしかとれない希少部位・シャトーブリアンを贅沢に使用。

1つ1つ職人が手作り。

極粗挽きとミンチ、2種類のコントラストが楽しめます。

まとめ

インスタントハンバーグも、たくさん種類がありますね。

マツコさんお気に入りのハンバーグは、マルシンハンバーグ(マルシンフーズ100~140円)。

多めの油で揚げ焼きにして、表面をカリカリにするのがマツコさん流だそうです。

松島和之さんはハンバーグを愛する、ハンバーグ王子。

松島さんのブログはこちらです。ハンバーグブロガーkazukazuの鉄の胃袋

食べてみました

1個、2万5千円のハンバーグって、一体どんな人が買うのでしょう? スゴイなあ…。

私にはちょっと手が届かないお値段なので、庶民でも買えるハンバーグを買ってきました。

日本ハム「極み焼ハンバーグステーキ」

これが紹介されていた濃厚デミグラスソースです。

大きパックに、ハンバーグとソースが別々に入っています。

私は湯煎して食べました(ハンバーグ10分、ソース3分)。

お皿に移してラップして、電子レンジ加熱でもいいです。

ただ、ハンバーグとソースは別々の皿で温めないといけません。

大きめで、夕飯のメインになれるハンバーグだと思います。

同じシリーズで、和風とチーズもあったので買ってみました。

これは、和風おろし。

デミグラスソースのものと、ハンバーグは一緒でソースが和風。

醤油ベースで、ご飯によくあう味です。

これは4種のチーズ。

チーズ入りハンバーグに、デミグラスソースは青いパッケージの物と同じみたいです。

チーズの量はほどほどで、ソースはたっぷり。

3つ食べ比べて、私は和風が1番好きな味でした。

マルシンフーズ「マルシンハンバーグ」

マツコさんが大好きな、マルシンハンバーグ。

安いですよね。スーパーで、3個200円もしなかったです。

フライパンで焼きます。

パッケージ通りの焼き方は油をひかないで焼くのですが、マツコさんは油多めで揚げ焼きくらいで、こんがり焼くのが好きみたいです。

焼き上がり。

昔は食べていたけれど、買ったのは本当に久しぶり。懐かしいなあ。

今時流行りの本格的なハンバーグとはまるで違う、昔ながらの昭和の雰囲気のハンバーグです。

電子レンジ加熱もOKですが、焼いた方が美味しいと思います。

よかったらこちらもどうぞ。

2021年6月29日 マツコの知らない世界【冷凍・チルドピザの世界】 栃木のヤンキーから世界大会5連覇まで上り詰めたパフ...

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする