マツコの知らないクラゲの世界!家で飼えるクラゲを平山博文が紹介

くらげ

2018年5月22日放送

マツコの知らない世界 クラゲの世界

クラゲを愛して20年のサラリーマン・平山博文さんが登場。

平山さんの言いたいことは、「家でクラゲを飼う文化を根付かせたい!」

この記事では、紹介されたおすすめのクラゲや、平山さんの著書をまとめています。

スポンサーリンク
レクタングル大

マツコの知らない世界 クラゲの世界

オススメのクラゲ

ギヤマンクラゲ

直径約3㎝。足が長い。東北から北海道に生息。

オワンクラゲ

直径約20㎝。日本各地の沿岸に生息。発光します。

ベニクラゲ

直径約1㎝程度。マツコさんが「可愛い」と連発。

条件が整えば、若返りができ、不老不死。5億歳のベニクラゲがいるはず!?

タコクラゲ

水玉模様でリビングが癒される 1800円

模様はハートや丸があります。

ミズクラゲ

入手しやすさNO.1 繊細な触手で人気。

触手が拍動に合わせて、滑らかに動きます。

カブトクラゲ

1000円 繊細なクラゲ。LEDのように光って見えます。

カラージェリー

基本は白で生まれてくるが、成長とともに、それぞれ色が変わります。

オオタマウミヒドラ

4本の小さな触覚が可愛い。大人になっても1~3㎜。

Orbit20

ろ過装置付き。カラーが変えられる水槽。全16色のLEDライトがおしゃれ。

平山博文さん

クラゲマニアですが、音楽活動もされています。

マツコさんに、クラゲの曲を聴かせていましたね。担当はキーボード。

1999年から、クラゲのコミュニティー「クラゲの不思議な世界 / jfish(ジェーフィッシュ)」を運営しています。会員数は約100名。

また、クラゲの本を2冊、出版されています。

よかったらこちらもどうぞ。

2020年1月21日 マツコの知らない世界~深海魚の世界~ 570種の魚をペットにしてきた令和のお魚王子・鈴木香里武(か...

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする