マツコの知らない栗スイーツの世界!できたてモンブラン&絶品栗菓子

2018年9月18日放送「マツコの知らない世界」

10年間栗の事だけ考え続けてきた男・竿代信也さんが登場。

栗に人生を捧げた職人たちが作る、ホンモノの絶品栗スイーツを紹介してくれました。

栗スイーツは、特に茨城県産がうまいんですって。

スポンサーリンク
レクタングル大




できたてモンブラン

スタジオで竿代さんが、モンブランを作りました。

作りたてを食べるのは、マツコさん初体験。

砂糖はほんの少しで、栗の味を生かします。

1、香り豊かなモンブランクリームで土手を作る

2、コクと旨味の濃い渋川のクリームを真ん中に入れる

3、2つのクリームをつなぐ低温殺菌クリームを入れる

4、食感を出すためメレンゲを入れる

5、モンブランクリームを搾る

6、粉糖をかける

絶品栗菓子

やまり菓子舗「栗蒸しようかん」

山形県白鷹町 1本2900円

明治42年創業の老舗和菓子店。栗は茨城県産。

食べログ やまり菓子舗

フランス菓子ルブラン「レジオン・ド・マロン岩間70%」

茨城県水戸市 1本5000円

予約はこちらで。フランス菓子ルブランインターネット注文ページ

小田喜商店「栗甘露煮」

茨城県笠間市 1926円

栗そのものの味を生かすため、収穫時期や品種によって、煮る時間を変えています。

ココは、全国の名店が仕入れる栗加工メーカー。

やまり菓子舗も、フランス菓子ルブランも、こちらの栗を使用します。

とらやもこちらの栗を仕入れるそうです。

栗を大切に扱うため、すべて手作業です。

小田喜商店「栗菓子 ぎゅ」

1個セット 2063円

栗と砂糖で、茨城の栗で開発。栗きんとんよりも栗が濃い!

小田喜商店

茨城の2大栗農家

焼き栗の第一人者 小澤一男さん 品種は「丹沢」

倉方の伝道師 酒井一郎さん 品種は「倉方」

丹沢と倉方の焼き栗を食べました。

マツコさん「焼き栗ウマッ、めっちゃウマイよ」と食べるのが止まらない様子でした。

竿代信也さんのお店

サラリーマン時代に、ある栗と出会い腰を抜かす。

40歳で、栗専門店開店。

46歳で、栗農園を作る(茨城)。

47歳で、モンブラン専門店開店。

今は、出来立てモンブラン時代と語っていました。

栗は鮮度が命なのですって。

和栗や東京店

デザートスタイルのモンブラン専門店。

モンブランは持ち帰り不可。

東京都台東区谷中3-9-14(谷中銀座商店街内)

月曜定休(季節による)

和栗や東京店

Mont Blanc STYLE

カウンター席のみの、モンブラン専門店。モンブラン=寿司⁉

東京都渋谷区富ヶ谷1-3-3

12:00~19:00(原材料が無くなり次第終了)

水曜定休

Mont Blanc STYLE

和栗、美味しそうでしたね。

栗ご飯は作るけど、焼き栗って食べないなあ。

モンブランは好きなケーキです。作り立てって、スゴイですね。

いつか食べてみたいです。


栗3L(約2kg)茨城産 大粒 和栗 くり クリ 送料無料



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする