マツコの知らないネコ画像の世界!撮影のコツ&面白アプリを紹介

猫の顔のアップ

2019年10月15日

マツコの知らない世界~飼わなくても虜になる!ネコ画像の世界~

2000年頃にネコ鍋で大ブームを巻き起こしたネコ画像。

フォトコンテストの審査員まで務める、ネコ画像のスペシャリスト夫婦・湯沢祐介さん、小川晃代さんが登場。

飼わなくても一目見ただけで虜になる、最強に可愛いネコ画像を紹介してくれました。

スポンサーリンク
レクタングル大

猫画像の世界

すずめちゃん

フォロワー数 約70万人の大人気猫

インスタグラム すずめ と うなぎ suzume0513

無邪気なまんまる目

猫の目は没頭すると大きくなります。

大きな目だと、鋭さがなくなってかわいく見えます。

撮影は、猫が入れる麻の袋などを用意。猫の潜りたがる習性を利用して撮影します。

また、まんまる目をとるための必須アイテムは、猫じゃらし。

興奮すると、目が大きくなり、よりかわいくなります。

セロファン・羽タイプは、狩猟本能を刺激し、アクティブな動きがとれます。

ボンボンタイプは、猫が抱えて、甘えたポーズがとれます。

ロングタイプは、ジャンプなど激しい動きがとれます。

猫の時を止める撮影テクニック

  1. 猫じゃらしを激しく動かし興奮させる
  2. 猫の顔の前でゆっくり前後に動かす

私のお話ペット

累計約400万ダウンロードの人気アプリ。

猫の写真を撮ったら、猫画像で楽しみましょう。

スマホに声を吹き込むと、吹き込んだ声を、猫がしゃべってくれます。

ダウンロードはこちらから。

GooglePay

App Store

猫の人間らしい一面がみられる画像

おっさんのようなぐうたらポーズ

猫の人間らしい一面は、体が柔軟なため、まるで人間のようなポーズが取れるところ。

肘をついたり、ほおづえをついたり、オヤジ座りをしたり。

ぐうたらポーズにも癒されます。

躍動感あふれるのら猫拳

SNSで話題の、まるで猫が拳法をしているような写真。

撮影は、ロングタイプの猫じゃらしを使用。

カメラを見ずに、猫の動きだけを見て撮影します。


のら猫拳

湯沢祐介さん、小川晃代さん

ご夫婦で、ペット撮影を得意とするペトグラファー。

ご主人の猫業界のあだなは、猫じゃらしの魔術師。

東京都世田谷区でペット専門の写真スタジオ「アニマルラグーンSTUDIO」を運営。

著書も多数あります。

よかったらこちらもどうぞ。

2019年1月22日(火)「マツコの知らない世界」 メダカ専門店を開くために脱サラまでした男性、堀田祐二さんが登場。 意外と知ら...
2018年10月23日放送。「マツコの知らない世界」 ハムスター愛が強すぎる夫婦、山口樹美さん、俊介さんが登場。 ハムスターの性...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告