マツコの知らないサボテンの世界!金子未由がおすすめを紹介

サボテン

2020年3月17日

マツコの知らない世界~サボテンの世界~

100種類以上のサボテンに囲まれて暮らす女性・金子未由さんが登場。

多肉植物は、葉や茎などに水分を蓄えている植物の総称で、サボテンはその一種。

種類は約15000種もあります。

家に飾りたくなる、おすすめを教えてくれました。

スポンサーリンク
レクタングル大

マツコの知らないサボテンの世界

日本のサボテン

緋牡丹錦(ひぼたんにしき)

2つのサボテンを交配させて生まれた日本の美

緋牡丹×牡丹玉 赤いきれいな色のサボテンです。


サボテン:ギムノカリキウム 緋牡丹錦 ツギ*幅4cm 現品!一品限り

スーパーバラ丸

親のいいとこどり サボテン界のサラブレット

バラ丸の優良種を掛け合わせて開発。

可愛い花が咲きます。


【ペレキフォラ属 スーパーバラ丸 実生】3寸鉢 サボテン 多肉植物 希少早春かわいいピンクの花が咲きます〔今年のは開花済みです〕

日本の名サボテン師

小林浩さん作 花籠 40万円

成長が遅いサボテンで、ここまでくるのに40年ほどかかっています。

小林さんは、国際多肉植物協会会長。生きる珍品と言われるほどの方。

名サボテン師の作品として、金子未由さんの師匠の作「花牡丹」も紹介されましたが、名前は公表されませんでした。

贈りたいサボテン

アリオカルプス・スカファロストラス

メキシコ原産

身に隠すために石に擬態。棘を持たないサボテン。

”学生の贈りたい”サボテンとして紹介されました。

「人生では目立つことだけが重要でない」と教えたいと言っていました。

オトンナ・レトロルサ

南アフリカ原産

古い葉を残したまま、新しい葉が生えてきます。

”職場の先輩に贈りたい”多肉植物として紹介されました。

「年を年々重ねるごとに得る美もある」と伝えたいと言っていました。


観葉植物/[送料無料]オトンナ:レトロルサ(1)6号鉢植え

まとめ

70年前からサボテンは日本で人気。

ただ、マツコさんはサボテンが苦手。

昔、サボテンの棘がお尻に刺さったことがあるそうです。それは痛かったでしょうね。

今日のサボテンの世界を見て、少しは好きになったかな。

よかったらこちらもどうぞ。

2020年2月18日 マツコの知らない世界~写真アプリの世界~ SNSや動画サイトの普及に伴い、今や、欠かせない存在となった...
2019年5月21日 マツコの知らない世界~アジサイの世界~ 700種類のアジサイを収集したアジサイ博士、川原田邦彦さん...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする