マツコの知らない砂時計の世界!磁石・ライト付き・逆砂時計など専門店店主が紹介

砂時計

2019年10月29日

マツコの知らない世界~砂時計の世界

砂時計に魅了され、日本唯一の砂時計専門店を開いた女性・和田朱美さんが登場。

デジタル化する世の中で、今も尚、愛され続けている“砂時計”

いつまでも見続けられる砂時計を紹介してくれました。

この記事では、紹介された砂時計と、日本の砂時計職人、和田さんのお店についてまとめています。

スポンサーリンク
レクタングル大

砂時計の世界

PARADOX Teatimer

塩水がマイクロビーズを浮かす逆砂時計。

砂時計ライト

15分計。ライト付き。

落ちた砂が照明を暗くし、15分で光が和らぎます。

ベッドサイドに。

マグネティックアワーグラス

落ちた砂の形が毎回違うアートな砂時計。

砂は砂鉄なので、形が変わります。

マツコさんは「きもかわいい」って。

宙(そら)

2色の砂のグラデーションがいつまでも見続けられます。

4500円

ダイヤアワーグラス

滝のようなダイヤモンドが美しい。

極上のひとときを得られる究極の砂時計。

ダイヤモンド1000粒。約10カラット。120万円

日本製砂時計

今、日本製の砂時計を作っているのは3人だけ。

金子治郎さん、金子實さん(兄弟)と、新潟県の女性職人の方。

金子治郎さんは斬新な変わり種砂時計作りに定評があります。

  • アクリル砂時計 9000円

新潟県の女性職人の方は、直管型を制作。

上下を膨らませずに作る砂時計。この形を専門で作るのは、この女性職人の方のみ。

  • 直管型砂時計  1400円

金子寛さんは、芸術家とのコラボ、インテリア砂時計の最高峰職人。

  • 直方体砂時計 5万円

金子治郎さんの会社 砂時計工房 東京硝子工芸

金子實さんの会社  金子硝子工芸

新潟の女性職人さんの作品は、こちらで販売されています。ヒッコリー

サブリエ・ド・ヴェリエ

和田朱美さんのお店

砂時計のみ約100点が並びます。

Open am11:00~pm7:00

不定休

〒110-0001 東京都台東区谷中三丁目9-18

東京メトロ千代田線「千駄木駅」2番出口 徒歩4分
JR「日暮里駅」北改札西口 徒歩5分

ショップサイト サブリエ・ド・ヴェリエ

よかったらこちらもどうぞ。

2019年6月18日。 マツコの知らない世界~鳩時計の世界~ 鳩時計に人生設計を狂わされた、芹澤庸介さんが登場。 ...
2019年2月26日「マツコの知らない世界」 ~目覚まし時計の世界~ 目覚まし時計に人生を救われた男・竹田浩一さんが登場...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする