マツコの知らない茶碗の世界・触感がいいとご飯が美味しい!田辺玲子のお店はココ

2019年4月16日

マツコの知らない世界~茶碗の世界~

毎日の食卓に欠かせない茶碗。

茶碗を変えたら人生が劇的に変わったという、食器店オーナー田辺玲子さんが登場。

20年前、粉引へら目めしわん(古谷信男作)に出会って、ご飯嫌いを克服したそうです。

伝えたいことは「触感のいい茶碗を使うと、ご飯がグッと美味しくなる!」

ご飯が美味しくなるというオススメ茶碗を紹介してくれました。

スポンサーリンク
レクタングル大

触感がいい茶碗

粉引飯椀 山田隆太郎作

5400円

大地を感じる、ごつごつした食感の最高峰。

歪みをデザインに生かした陶器。ご飯が「甘く」感じます。

マツコさんは「薪で炊いたご飯を食べている感じ」と言っていました。

山田隆太郎さんの工房は、神奈川県相模原にあり、裏庭の土を掘って作っているそうです。

緑白釉椀 土井善男作

4320円

心がとろける、ツルスベな触感の最高峰。

薄くて軽い磁器。ツルツルすべすべ食感が特徴。

ご飯が「やわらかく」感じます。

ツルスベの秘密はオリジナル釉薬。5種類の釉薬を混ぜて作っています。

めし椀 岡崎慧佑

4752円

気持ちが落ち着く、ドライな触感の最高峰。

サビた石のようなデザインの陶器。カサカサでドライな触感が特徴。

ご飯が「みずみずしく」感じます。

マツコさんは「一番甘く感じる」と言っていました。

釉薬を使わず塗料で色付けし、やすりで滑らかにしています。

岡崎慧佑さんのオフィシャルサイトはこちらです。http://okazakikeisuke.com/

刷毛目めし椀 光藤佐作

5400円

刷毛で白泥を塗った陶器。口径が小さく深い形が特徴。

熱が逃げにくいので、冷めると美味しくない納豆ご飯に最適。

たたらば椀 蜂谷隆之作

1万2960円

映画「もののけ姫」に出てくる茶碗をモチーフにした漆器。

漆の食感は人肌に近く、安心感があるためご飯ものむき。

持った時、熱が伝わりにくいです。

かき込みやすいので、お茶漬け向き。

https://utsuwa-momofuku.com/?pid=132453084より引用

うつわ ももふく

東京町田。田辺玲子さんのお店。

作家さんの作品を取り扱っています。

うつわ ももふく
〒194-0013 東京都町田市原町田2-10-14-101
Tel/Fax 042-727-7607
営業時間 : 12時~19時
日・月・祝休

オンラインショップもあるので、紹介された作家さんの他の作品も見てみて下さい。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告