マツコの知らない中華そばの世界、名店9選!御三家&東京・地方・チェーン店

中華そば

2018年6月26日放送「マツコの知らない世界」

ラーメンだけを食べ続ける男・内田元さんが登場。

昔懐かしの中華そばの名店を紹介します。

進化系もいいけれど、シンプルな醤油味、素朴な中華そばも今ブーム!

私も紹介されたお店の一つ、餃子の王将の日本ラーメンを食べてきました。

スポンサーリンク
レクタングル大

中華そば御三家

春木屋(東京荻窪)

1949年創業。魚介だし&自家製麺

お客さんに気づかれないように、少しずつ味を変えているそうです。

  • 中華そば 850円

食べログ 春木屋 荻窪本店

来集軒(東京浅草)

1950年創業。甘めの味&油多め。

メンマの味が溶けだしています。

  • ラーメン 650円

食べログ 来集軒

萬福(東京銀座)

1929年創業。あっさり&卵焼き。

オムライスのような薄い玉子焼きが乗っています。

  • 中華そば 700円

食べログ 萬福

東京の名店

栄屋ミルクホール(東京神田)

1945年創業。

コクがあるスープの隠し味は生姜。濃厚だけどさっぱりした味わい。

具はほうれん草じゃなくて小松菜。

  • ラーメン 650円

食べログ 栄屋ミルクホール

中華めん処道頓堀(東京成増)

強めの魚介スープ。麺は3種類の小麦をブレンド。

麺が美味しい!マツコさん「何コレ!?」と連呼していました。

ご主人は山形出身、山形っぽい麺、醤油も山形のもの。

なんとアイスも作っています。パイナップルとバナナのアイスもウマイ!

  • 中華そば 700円
  • つけ麺 800円

食べログ 中華めん処道頓堀

地方の名店

ゆりや食堂(北海道札幌)

商売っ気のなさが魅力。大正時代の銭湯を改築。

そば屋でしたが、お客さんのリクエストでラーメンを始めました。

そばにも使うカツオと昆布のダシを使うので、和風で優しい味。

  • ラーメン 460円

食べログ ゆりあ食堂

ラーメン一久(岡山県笠岡)

1983年創業。時代を超越した1杯!

スープの鶏ガラにも具にも、卵を産んだ親鳥を使います。肉はかため。

麺は細く柔らかめで、スープとよく合います。

  • 中華そば 600円

食べログ ラーメン一久

チューン店の中華そば

餃子の王将

  • 日本ラーメン 691円

全ての食材は日本産です。

くら寿司

  • 7種の魚介醤油ラーメン 399円

10年間の試作を経て完成。各店舗で毎朝スープを仕込んでいます。

まとめ

中華そば、おいしそうでしたね。

現在、ラーメンの進化に疲れ、中華そばが人気になっているそうです。

美味しい中華そばの3大条件は、時代を超越した店構え、長年変わらない味、商売っ気のない店主がいること。

中華そばの世界を教えてくれた元木さんは、32歳でラーメン店を開業しています。

TRYラーメン大賞 新人大賞を獲得。 食べログ らあめん元

食べてみました

餃子の王将の「日本ラーメン」を食べてきました。

餃子の王将には他にもラーメンがありますが、これは日本産材料を使っているということで、お値段は高めです。

ついでに餃子も注文。ニンニクきいていますね。

日本ラーメンは、煮卵半分、チャーシュー1枚、メンマにネギ、柚子の皮が入っています。

小鉢にかつお節がついてきます。

食べる直前に、鰹節をかけていただきます。

白醬油を使っているので、スープの色は薄いです。

麺は細くてストレートです。

味はあっさり醤油ベース。

魚介の風味がするところに、さらにかつお節を足すのが面白いですね。

柚子の皮が入っているので、ちょっと爽やかです。

国産と外国産と、味の違いはわかりませんが、美味しかったです。

よかったらこちらもどうぞ。

2018年7月16日放送。 全国735店舗展開、人気の中華チェーン店「餃子の王将」 綾野剛さんはじめ、ドラマ「ハゲタカ」キャスト...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告