マツコの知らない世界、和菓子御三家共演!虎屋の秘密の教科書&工房

トラヤの虎

2018年1月9日

マツコの知らない世界~御三家和菓子の世界~

「和菓子こそ世界で最も美しい」と信じる女性・橋本麻里さんが登場。

創業約500年の虎屋、384年の両口屋是清、214年の鶴屋𠮷信、奇跡の共演!

橋本さんが紹介してくれた、御三家の和菓子をお伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル大

御三家和菓子

鶴屋吉信

歴史は、214年。伊能忠敬が測量開始した頃。創業地は京都。

紹介された究極和菓子は「松の寂」1296円12個入り

「霜を踏んだような」とマツコさんは表現していました。

ロングセラーの定番商品には、京観世などがあります。


鶴屋吉信 京観世1棹(箱入)

両口屋是清

歴史は384年。江戸幕府開幕30年後。1634年創業。創業地は名古屋。

両口屋是清の名称は、尾張藩2代目徳川光友から「御菓子所両口屋是清」の看板を拝領したことから。

紹介された究極和菓子は「御題菓 竹取物語」1836円

古の貴族の優雅さ、月の神秘さを表現しています。着物のように華やかです。

「御題菓 竹取物語」は期間限定商品。

定番商品には、よも山、志なの路などがあります。


両口屋是清 銘菓詰合せ

虎屋

歴史は、約500年。戦国大名が誕生した頃。創業地は京都。

16世紀の終わりごろには、禁裏御用菓子屋として既に御所御用を勤めた老舗。

歴代天皇や皇族、徳川将軍家や多くの著名人に愛される、和菓子界のトップブランドです。

紹介された究極和菓子は、竹皮包羊羹「夜の梅」3024円

水分少なめでねっとり。-40度でも凍りません。ちょっと固め。

小豆の粒が、夜の闇の中に咲く梅の花を表現しています。


とらや 竹皮包羊羹 2本入

「夜の梅」は、通年の定番商品です。

虎屋の3つの秘密

1、一代一人制度

兄弟が何にいても、入社できるのは一人だけ。

代替わりの儀式は、京都にある神聖な部屋で、新当主が一人で毘沙門天像を拝むそうです。

「変な家督争いはないってことね」とマツコさん。

2、江戸時代から社内で眠る教科書がある

スケッチが書かれた絵図面のようなもの。社内でも限られた人しか見れません。

菓子見本帳という、300年以上前から使わる菓子作りの参考書です。

17代目・黒川社長が持ってきてくださいました。

また和菓子の「手折桜」と「若菜餅」を、職人さんにスタジオで作っていただきました。

貴重な白小豆を使用しています。

3、御殿場に隠された秘密の工房

とらや工房 東山旧岸邸は、JR御殿場線 御殿場駅から車で15分。

若き18代目が案内してくれました。

5600坪という広大な敷地に、2007年オープン。

他では販売していない、どら焼き・人形焼きなどを限定で販売しています。

店のあんこよりも、とらや工房は甘さ控えめです。

静岡県御殿場市東山1022-1 とらや工房

まとめ

和菓子御三家は、虎屋、両口屋是清、鶴屋𠮷信。

教えてくれた橋本麻里さんは永青文庫副館長。

美術ライター・エディターとして活躍する方です。

御三家の究極和菓子について、橋本さんは「味30%、ビジュアル30%、連想ゲーム40%」と言っていました。

物語を想像しながら味わうのが、和菓子の魅力なのですね。

食べてみました

虎屋の羊羹は、贈り物で買ったこともあります。いただいて食べたこともあります。

でも、自分で買って食べたことはないかも?

「羊羹は虎屋の食ったら、他のは食えない」とマツコさんが言うので、羊羹を買ってみました。

虎屋と言えば、羊羹「夜の梅」が看板商品。

竹皮で包まれた1本は大きすぎますが、ミニサイズも売っています。

自宅用ならこれで十分。

お店の方に伺ったところ、羊羹の1番人気は「夜の梅」で、2番が黒糖羊羹の「おもかげ」だそうです。

鶴屋吉信でもミニサイズの羊羹が売っていたので、「小倉」と「黒糖」を買ってみました。

両口屋是清では、ミニ羊羹は見当たらなかったです。

右の2本が虎屋、左の2本が鶴屋吉信。

小倉で見比べると、虎屋の方が色が濃く、鶴屋吉信の方が小豆の粒が多いです。

虎屋の方が固めでどっしりしていて、鶴屋吉信の方が柔らかくツルンとしています。

黒糖は色の違いはそれほどないですね。やっぱり虎屋の方が固めでどっしりしています。

どちらも箱の中はフィルムに入った羊羹。さっと開けて、パクっと食べられます。

下の写真は、鶴屋吉信の「小倉」です。

どちらも美味しかったですが、私は虎屋の方が好きかも。

ツルンとした羊羹がお好きな方は、鶴屋吉信が好きだと思いますよ。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告