モヤさま【バルセロナ】世界遺産サクラダ・ファミリア&カンプ・ノウ

2018年7月15日放送「モヤモヤさまぁ~ず2

スペイン・バルセロナへ!

日本から約16時間。

世界屈指の観光都市、マドリードにつぐ第2の都市。

世界遺産に登録されているガウディ7作品のうち、未公開だった「カサ・ビセンス」が昨年秋から公開になっています。

スポンサーリンク
レクタングル大

サクラダ・ファミリア

1882年着工。

アントニ・ガウディは2代目建築家。

就任してからプラン変更し、完璧な教会を目指し、いまだ建築中。

2026年の完成予定。

La Pallaresa

ランブラス通りのチェロス屋さん。

チェロスはスペイン発祥。

朝ごはんに食べるのが人気。

ホットチョコレートにつけたり、ホイップクリームを乗せたりして食べるそうです。

そのままではちょっとしょっぱい。

チョコは甘さ控えめ。超ビター。クリームも甘くない。

だから、朝食にちょうどいいのですね。

Cuirum

路地裏にある、おしゃれな皮製品専門店。

職人さんの手作り。皮のベルトが売り。

カスタマイズしてオンリーワンを作れるので、お土産にぴったり。

オリジナルの文字が刻印できます。

福田アナが、攻めている感じのベルトを作りました。

Barraca

スペインと言えばパエリアが食べたい!

バルセロナビーチ沿い。

南国的な雰囲気で、食事が楽しめます。

パエリアは2人前からのオーダーで、みんなでシェアして食べます。

  • シーフードパエリア 2人前 約5954円
  • フィデウア(細麺のパエリア) 2人前 約4654円

Tablao de Carmen

30年前からやっている、フラメンコを見ながら食事ができるレストラン。

伝説のダンサー カルメン・アマヤ縁の店。

福田アナがフラメンコを教わりました。

世界一の生ハム

4100ユーロ=約50万円!?

ギネスに登録された、世界で一番高い生ハム。

普通は多くても3年熟成ですが、これは6年熟成させました。

作っているのは、エドゥアルド・ドナートさん。

豚はマンチャード・デ・ハブーコ。どんぐりだけを食べている豚です。

世界中のセレブからオーダーがあるそうです。

生ハムを切るマエストロが、音楽に乗せて切り分けます。

El Rei de la Màgia

1881年創業。世界最古のマジックショップ

プロ用から子ども用まで、マジックが揃います。

マジックだけでなく、驚かすいたずらグッズもあります。

カンプ・ノウ

FCバルセロナの本拠地。

9万9千人収容の、ヨーロッパ最大規模のサッカースタジアム。サッカー好きの聖地。

敷地内は、ショッピングエリアになっています。

スケートリンクもありますが、今はシーズンオフ。

まとめ

モヤさまの3人は、全員初バルセロナ。

気候も良く、景色も美しく、食事も美味しい。素敵な観光地ですね。

サクラダ・ファミリアは完成したら、見てみたいです。

今回1番気になったのは「世界一高い生ハム」。

約50万円。そして、キャラ濃すぎのマエストロ。

どんな味がするのでしょうね?

ショップサイト Jamones Ecologicos de Jabugo

よかったらこちらもどうぞ。

2018年9月9日放送「モヤモヤさまぁ~ず2」 スペイン・バルセロナへ! 日本から約16時間。 世界屈指の観光都市、マドリ...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする