世界一受けたい授業、落合博満のオレ流才能の伸ばし方

2018年7月14日放送。

中日ドラゴンズ元監督・落合博満さんの初授業。

スポンサーリンク
レクタングル大




オレ流!自分の才能の伸ばし方

自分で考える

すぐに誰かに聞くのではなく、まず自分で考えること。

選手新人時代、監督の指導を拒否し、打撃方法を自分で考えていたそうです。

失敗はいくらしてもいい。

失敗したら、何が悪かったか考えて、やって先に進むことが大事。

人のマネをする

一流になるための第一歩は、人のマネから入る。

いい教材はまず、自分の中に入れることが大事。

オレ流!人の才能の伸ばし方

ミスは叱らないが手抜きは叱る

子どものテストの点数だけで怒らない。

ミスは仕方ない。ミスも才能を伸ばすチャンス!

手を抜いて、できることをやらない場合は、叱りましょう。

自分の考えを伝える

自分の伝えたいことを理解してもらうには、話した後にオウム返しにさせること。

落合さんにコレを教えてくれたのは、野球界の大先輩・関根潤三さんだそうです。

才能のない人はいない

夢を持てない人でも、才能のない人はいない。

ただ、その才能を自分で見つけられるかは別物。

周りの人がその人の才能を見つけて、伸ばしてあげるのがいい。

落合博満さん

25歳でプロ入り。

日本プロ野球史上唯一となる3度の三冠王を達成。

2004年から2011年まで中日の監督の就任。

すべての年でAクラス入りを果たし、4度のリーグ優勝、1度の日本一を達成。

年俸をオープンにしたり、交渉したりするのは、落合選手が初めて。

500本目、1000本目、1500本目、2000本目の記念安打は全てホームラン!

監督時代、選手の事は絶対に褒めなかったそうです。

褒められない=認めてくれていると、選手も理解してくれていたという話が印象的でした。


落合博満 アドバイス 指導者に明かす野球の本質 [ 落合 博満 ]


コーチング言葉と信念の魔術【電子書籍】[ 落合博満 ]


そんなふたりのラブソング



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする