ソレダメ、イタリア新常識!カルボナーラ&ポテトパスタの作り方

2018年3月21日放送。

世界のソレマル新常識 in イタリア

ナポリ&ローマで大調査。

ポテトパスタ&カルボナーラの作り方も。

イタリア人の新常識

オリーブオイルで耳かき

保湿効果があり、湿っているのでヨゴレ取りもOK。

卵シャンプー

なんと頭の上で卵を割る! 卵のアミノ酸はいたんだ髪を回復させる栄養素。

匂いが気になるので、そのあと普通にシャンプーもします。

熱にジャガイモ

熱が出た時は、おでこにジャガイモを張ります。

熱を下げる効果あり。でんぷんでおでこに張りつきます。

パスタの茹で汁で足湯

足がリラックス。アミノ酸がを新陳代謝を促し、足のむくみを解消します。

オリーブオイルでボディケア

肌の保湿にもオリーブオイルを使います。ボディケアやヘアケアにも。

オリーブオイルでいびき防止

寝る前にスプーン1杯のオリーブオイルを飲みます。

気道の通りを良くし、いびき防止になります。

シャンパンにフォーク

開けたシャンパンの瓶の口に、金属のフォークをさします。

ボトルの内側の温度が下がり、炭酸が抜けにくくなります。

炭酸ガスは温度が低いほど抜けにくいのです。

トマトは海水浴で使う

クラゲに刺された時の応急処置に使います。

クラゲに刺されたところに、トマトの切り身を当てると腫れがひくとか。

蜂に刺された時も同じです。

パスタの新常識

ポテトパスタ

1、オリーブオイルでじゃがいも・玉ねぎを炒める。大き目のみじん切り。

2、水を200㏄入れる。

3、パスタを折りながら入れ、塩で味を調整しながら約10分、水分がなくなるのを待つ。

カルボナーラ

1、グアンチャーレ(豚の頬肉の塩漬け)をオリーブオイルで炒める。ベーコンでもOK。油少なめで、ベーコンをカリカリに。

2、ソースは全卵1個+卵黄1個が基本。黒コショウを混ぜる。

3、パスタを茹でる。アルデンテは表示の茹で時間の2分前に湯からあげること。

4、フライパンの油と茹で汁をパスタにからめたら、火からおろす。

5、30秒後にベーコン、卵、パルメザンチーズを混ぜる。

イタリアでは生クリームは使いません。

クリーミーにするポイントは、卵やチーズを混ぜる時に、フライパンの温度を下げること。

まとめ

イタリア人はやっぱりオリーブオイル好き。

耳掃除も、ボディケアも、いびき防止もオリーブオイル! びっくりしました。

カルボナーラに生クリームを使わないというのは、簡単ヘルシーで嬉しいですね。今度やってみます。

イタリアのシェフは盛り付けで、お玉でパスタを丸めて盛り付けていたのがとてもキレイでした。コレも真似しようと思います。

追記 作ってみました

ポテトパスタ

切った玉ねぎとジャガイモを炒め、水200㏄を入れ、パスタも入れます。テレビの通り、パスタは折っていれました。

10分経つ前に水分がなくなったので、途中お湯を足しました。

調味料は塩だけ。ちょっと足りなかったかな。胡椒もかけた方が美味しかったです。

フライパンだけで出来るので、気楽に作れますね。

カルボナーラ

ベーコンを炒めます。カリカリ通り越して、ちょっと焦げちゃいましたが。

二人分なので、全卵2個に卵黄2個、黒コショウ。

ベーコンを炒めたフライパンに、パスタの茹で汁をお玉1杯入れ、スパゲッティも入れます。スパゲッティは茹で時間7分のものを5分であげました。

火を止め、フライパンをおろしてから、卵をからめます。

簡単にできました。

卵かけご飯ならぬ、卵かけパスタな感じになりました。

パルメザンチーズも胡椒も、たっぷりが美味しいです。生クリームを使ったカルボナーラよりも、私はこっちの方が好きかも。

お玉を使ってくるんと盛り付けるのは、ちょっとうまくできませんでした。やっぱりプロの手際なんだなあ。

みなさんも、作ってみて下さいね。
同じ日の内容です。よかったらこちらもどうぞ。

ソレダメ、麻婆豆腐の格上げワザ、ハイチュウが隠し味【神田雲林直伝】

ソレダメ、天華直伝回鍋肉の格上げワザ、隠し味にチョコレート



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大