ソレダメ 内臓脂肪を最速で落とす!痩せるためにわかめを食べよう

2018年9月12日放送。

やせる&健康になるスペシャル!

日本人は内臓脂肪が増えやすい!?

どうすれば落とせるのか?また、内臓脂肪がつきにくくなる食事の摂り方とは?

スポンサーリンク
レクタングル大




内臓脂肪

へそまわり 男性85㎝以上、女性90㎝以上が要注意。

日本人は実は、内臓脂肪がつきやすいそうです。

内臓脂肪は、高血圧・糖尿病などの生活習慣病、がん、認知症など万病の元。

危険度チェック!

・人より食べるのが速い

・夜は入浴せず、シャワーだけで済ます

・食事をかなり減らして体重を落とした

・ビルの3階に上がる時は、エレベーターを使う

・ココナッツ油をよく使う

2つで黄色信号、3つで赤信号です。

内臓脂肪の新常識

お寿司なら大トロを食べる

お寿司で内臓脂肪がつきにくいネタ。

ウニ、アワビ、大トロなら、大トロを選びましょう。

大トロに多く含まれるEPAとDHAは、内臓脂肪をつきにくくします。

大トロのEPAとDHAは、青魚よりも豊富です。

おなかが空いてから食べる

内臓脂肪がつきにくくなる食事のとり方。

決まった時間に食べるより、お腹がすいたら食べる。

それほどおなかが空いていないのに、習慣で食べると、摂取カロリーが消費カロリーを上回りがち。

おなかがすくのは、カロリーを使い切った証拠。

わかめが効く

内臓脂肪を落とす食材。

しじみ、わかめ、大根では、わかめ。

腸内細菌はそれだけでは内臓脂肪に効果がないですが、ワカメを分解して、短鎖脂肪酸を作ります。

内臓脂肪を最速で落とす

世界一受けたい授業でも、本が紹介されていました。

よかったらこちらもどうぞ。

世界一受けたい授業「内臓脂肪を最速で落とす」苺、玄米、大豆がオススメ


内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法

楽天市場で探す
Amazonで探す



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする