主治医が見つかる診療所、痩せ菌を増やす短鎖脂肪酸はらっきょうとなめこで

11月2日の主治医が見つかる診療所

誰もが持っている腸内細菌、痩せ菌を増やして健康に!

腸内にはやせ菌と、デブ菌がいます。

腸内環境によって、このやせ菌が増えたり、デブ菌が増えたりします。

やせ菌を増やす食品を食べて、腸内環境を整えましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大




短鎖脂肪酸

やせ菌は短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)を作ります。この短鎖脂肪酸は脂肪細胞の取り込み口をふさいで、脂肪の吸収をブロックしてくれます。

赤ちゃんのうんちは酸っぱい匂いがしますが、コレは短鎖脂肪酸によるもの。

腸の中を弱酸性にして免疫力がアップします。

エサは水溶性食物繊維!

食物繊維は不溶性と水溶性があります。

短鎖脂肪酸は、水溶性食物繊維がエサになります。

現在人は、水溶性食物繊維が足りていません。

よかったらこちらもどうぞ。食物繊維は2種類!便秘のタイプによっておすすめが変わる? 

水溶性食物繊維が多いもの

切干大根(乾) 100g中5.2g

納豆      100g中2.3g

かんぴょう(乾)100g中6.8g

ゴボウ     100g中2.3g

ニンニク    100g中4.1g

押し麦     100g中6.0g

ゴボウは水溶性・不溶性、両方あるのでいいですよ。

おすすめはらっきょう

日本の伝統保存食らっきょう。100g中18.6gの水溶性食物繊維を含みます。

らっきょう農家の方に、おすすめの食べ方を聞きました。

らっきょう漬け

1、水に砂糖・酢・唐辛子を加える。

2、らっきょうを入れる。

3、約1か月で完成。

らっきょう料理

らっきょうカツ

1、豚バラ肉に豆板醤を広げる。

2、らっきょうを1粒乗せ巻く。

3、小麦粉・卵・パン粉をまぶして、約5分揚げる。

らっきょうのチーズ巻き

1、ハムの上に溶けるチーズを重ね、らっきょうを1粒乗せて巻く。

2、爪楊枝で刺す。

3、180度のオーブンで3分温める。

焼きらっきょう

焼いたエシャレットに、酒・みりん・醤油・砂糖・酢を合わせたたれをかける。

早く収穫したらっきょうがエシャレットです。エシャロットは玉ねぎの一種。別物です。

エシャレット1束、100g前後、5〜10本前後

らっきょうドレッシング

オリーブオイル、塩コショウ、らっきょう、らっきょうの漬け汁をミキサーでかき混ぜるだけ。

漬け汁にも水溶性食物繊維が含まれています。

らっきょうそぼろ丼

材料はご飯、味噌・豆板醤・らっきょう、牛ひき肉、しいたけ、油、ネギ。

1、牛ひき肉を炒める。

2、みじん切りのらっきょうとシイタケを加えて炒める。

3、味噌と豆板醤を加える。

1、ご飯の上にのせて、ネギを散らして完成。

らっきょうレシピ、たくさんありましたね。これなら飽きずに続けられそうです。

【送料無料】【鳥取県産】鳥取砂丘らっきょう 粒はMサイズです。 甘酢漬け180g×5袋【ふるさと認証食品】【ギフト、箱代150円にて承ります】【【RCP】

山のおすすめは、なめこ

やせ菌を増やす山の食材は、きのこの中でも粘りがあるなめこ。

水溶性食物繊維が多く含まれています。

なめこといえば、味噌汁くらい? 産地で食べ方を伺いました。

なんばんなめこ

山形の郷土料理。

なめこを薄めただし醤油で煮詰めた物。かき混ぜながらぬめりを増します。最後に唐辛子をかけます。

麻婆なめこ

豚ひき肉を豆板醤と炒め、なめこを加えます。片栗粉の代わりに、なめこでトロミを付けます。

納豆汁

山形の郷土汁。納豆のすりおろしと、なめこを入れた味噌汁です。

きのこ鍋

まいたけ、シイタケ、なめこなど、さまざまなきのこを入れた鍋。

なめこ1.5kg 健康管理に!!【送料無料】【2000円ポッキリ】


明治屋 国産なめこ(85g)

らっきょうもなめこも、割と好き嫌いがある食材かと思います。健康食品に頼るという選択肢もありでしょうか。よかったらこちらもどうぞ。「イサゴール」で便秘解消、270万箱売れたおいしいサイリウム      

腸内環境は自分で検査

ネットでキットを購入して、検査するものがあります。

腸内フローラMykinso(マイキンソー)

1回 1万9440円(税込・保険適用外)

「Mykinso(マイキンソー)」自宅でできる腸内フローラ検査・腸活で、腸内環境を整え「痩せ体質」「便秘予防」「病気予防」に役立てる。

番組主治医

循環器内科 秋津嘉男医師(秋津医院院長)

消化器内科 森一博医師(独協医科大学医学部特任教授)内視鏡のスペシャリスト

漢方 丁宗鐵医師(日本薬科が医学学長)

乳腺外科・形成外科 南雲吉則医師(ナグモクリニック総院長)

内科・リウマチ科 中山久徳医師(そがしや大蔵クリニック院長)

心療科 姫野友美医師(ひめのともみクリニック院長)

作ってみました

やせ菌を増やすには、らっきょうとなめこを食べよう!

普段、らっきょうはまったく食べません。カレーに添えるのは福神漬けだけ。

なめこは味噌汁で食べるくらいです。

らっきょうのチーズ巻き

スライスチーズとハムでらっきょうを巻きます。

使ったのは、市販のらっきょう漬け。

爪楊枝で止めると、かわいいですね。

オーブンなメンドウなので、オーブントースターで焼きました。

1000Wで、5分位。

ちょっとした、おつまみですね。

チーズのおかげで、多少らっきょう臭さが和らぐ気がします。美味しかったです。

他にらっきょう料理ってあるかしら? と思って作ったのがタルタルソース。

キュウリの代わりにらっきょうで。違和感なしですね。

なんばんなめこ

出汁と醤油と水で、なめこを煮ました。

仕上げに、七味をかけて。あっという間に出来上がり。

田舎の朝ごはんに出てきそうな、素朴な味です。

ご飯によく合いますが、冷ややっこに乗せてもいいですね。

色々な料理に、らっきょうとなめこを取りいれてみようと思います。



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする