名医のTHE太鼓判 森崎ウィンの激辛生活は大病の原因に⁉

赤唐辛子イラスト

2019年9月23日

激辛…早食い…暴食!一歩間違えば人生崩壊スペシャル

人気イケメン俳優・森崎ウィンさんの危険な食生活が明るみになりました。

胸やけが気になる森崎さん、健康状態は大丈夫?

スポンサーリンク
レクタングル大

森崎ウィンさんの激辛&激甘生活

虎萬元

青山の中華店。

牛肉土鍋麺を注文。

唐辛子×豆板醤で、しびれる辛さが特徴。

油で炒めた山椒の実、鷹の爪も山ほどかかっています。

森崎さんは唐辛子を追加注文して、さらに辛くして食べます。

ライスにはスープと唐辛子とかけて、完食。

食べログ 虎萬元 南青山店

原宿カフェ ウズナオムオム

注文したのは、生クリーム増し増しのキャラメルパンケーキ。

激辛の後は、激甘スイーツ。

食べログ ウズナオムオム

神宮前 トンポー

激辛の聖地で、特製の激辛麻婆豆腐を注文。

激辛になれた森崎さんでも「オーマイガー」

ラー油で炒めたひき肉に、一味唐辛子を一缶投入。

山椒と激辛スープでサンド。

突き抜ける辛さが病みつき。

食べログ 東坡 (トンポー) 

健康状態は?

味覚が減衰

甘味・塩味・酸味・苦味、4種類の味を識別できるか検査。

森崎さんの味覚は、70代のお年寄りレベルと診断。

若い人でも味覚が減衰するのは、味の濃い食事や変食が原因。

ちなみに、高齢者が塩味を感知する能力は、若年層と比べて1/12。

若い時の12倍の塩を使わないと、塩味を感じなくなると言います。

大病の可能性

逆流性食道炎の可能性が指摘されました。

激辛料理で、胃酸が過剰に分泌。食道に炎症が起こります。

唐辛子のとりすぎは、食道がん、胃がんになってしまうことも。

また、胃酸が気管に入って、誤嚥性肺炎で命を落とすことも…。

まとめ

激辛好きの森崎さん。

唐辛子をよく使うミャンマーで10年育ったので、激辛好きになったのでしょうか。

名医によると、辛い物を食べると痛い。

痛いと、痛みを和らげるため、気持ちよくなる成分が脳から出る。

さらに気持ちよくなりたいと、激辛がエスカレート‥‥ということでした。

激辛の食べ過ぎは、要注意ですね。

炎症を抑える幻の食材

胃や食道の炎症には、和蜂のハチミツが良いそうですよ。

日本に流通している蜂蜜の約95%が西洋ミツバチのもの。

日本ミツバチのものは約5%だけ。幻のハチミツです。

西洋ミツバチは、1種類の花から4か月で巣を作ります。

日本ミツバチは、100種類の花から1年半かけて巣を作ります。

日本ミツバチの蜂蜜は、色が濃厚で、味は奥行きがある自然な甘さです。

1日スプーン1杯とるのがオススメ。

ご飯に混ぜて炊くとご飯がふっくらします。

天然はちみつ 奥熊野山蜜 600g  日本ミツバチ天然蜂蜜(ハチミツ)国産 日本産

よかったらこちらもどうぞ。

2018年6月22日放送。 唐辛子に取り憑かれたハリウッド俳優・森崎ウィンさん(27歳) ミャンマー出身の彼の夢は、中本とミャン...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告