【こうじ水の作り方】飲んで便秘解消⁉酵母で元気な腸に【名医のTHE太鼓判 】

米麹

こうじ水って知ってますか?

お医者さんが実践しているお悩み対策。

名医のTHE太鼓判でも、名医の実践している便秘解消法として、こうじ水がオススメされました。

作り方はとても簡単!

この記事ではこうじ水の作り方や活用レシピをまとめました。

手軽に始められるので、参考にしてください。

スポンサーリンク
レクタングル大

便秘解消にこうじ水

こうじ水の作り方

注目素材「米麹」

水で溶かして飲むと、便秘解消になります。

米こうじをお茶パックに入れ、水に8時間つけておくだけで完成。

薄い甘酒と似た味になります。

こうじは、板状タイプでも、乾燥タイプでも、どちらでも効果に違いはありません。

飲む量は、1日500㎖。肌つやも良くなります。

米こうじとは?

こうじは、味噌や日本酒の原材料。

スーパーでも買えます。

こうじ菌はカビの一種。国菌に認定されています。

米こうじの作り方
蒸した米にこうじ菌を合わせる
湿度90%以上、温度30度以上の中で、2日間発酵
その後4時間乾燥

米麹にはたくさんの酵母が含まれます。

酵素が食べ物を分解。臓器の負担を減らします。

消化・吸収がスムーズになり、元気な腸になります。

こうじ水を作ってみました

米麹ならなんでも良いと思います。

私はこちらの米麹を使いました。

乾いた白い米粒のような感じですね。

この米麹をパックに入れて、

ポットに水と米麹を入れて、一晩おきました。

少し水に色がつきましたが、はっきりと白く濁ったわけではありません。

早速飲んでみました。

うーん。味も匂いもそんなにしないですね。

美味しくもなければ、マズくもない感じ。

薄い甘酒みたいな味と言っていましたが、それとも少し違うような…。

水に対して米麹の量が少なかったのかな?

作るのも簡単で、飲むのも負担にはなりません。

便秘の方は試してみてはいかがでしょうか?

こうじ水レシピ

こうじ水は飲むだけなく、料理に使うこともできます。

こうじ水キムチ

  1. 大根、柿、ねぎ、にんにく、しょうが、塩を袋にいれる
  2. こうじ水も入れる
  3. 一晩寝かせる

名医の太鼓判で紹介された、食べるこうじ水レシピ。

一晩で旨味が出ます。箸休めにさっぱりした一品に。

まとめ

便秘解消に、こうじ水を飲む!

2週間飲み続けた方は、便秘が改善されていました。

便秘が解消されると、肌のトラブルも減って美肌効果も期待できます。


よかったらこちらもどうぞ。

2018年12月3日放送【名医のTHE太鼓判】 医師に密着!私生活で実践している、新健康術12連発。 名医の健康法を実践...

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする