名医のTHE太鼓判、生姜鍋でAGE抑制&老化ストップ!血糖値も下げる

2018年12月10日放送。

老化の元凶・悪玉物質AGEを減らそう。

黄色い鍋「生姜鍋」がオススメ!

生姜はAGEを抑制し、血糖値の上昇も抑えます。

美味しくてAGEを抑制する、生姜鍋の作り方をお伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル大

AGEとは?

糖化とAGE

糖化とは、糖がタンパク質と結合すること。

その時に、AGE(終末糖化産物)という悪玉物質ができてしまいます。

AGEが体内で増加蓄積すると、体に悪影響を与えます。

動脈硬化・心筋梗塞・誤嚥性肺炎・アルツハイマー・白内障など。

取り続けると、寿命が短くなってしまうかも…。

AGEと調理法

炒める、焼く、揚げるの順で、AGEが増えます。

焦げるとAGEは増えるので、高温で調理すればするほど、値が増加。

AGEの1日の目安は、15000exAGE

食材・調理法と両方の要素で、AGE量が変わります。

  • 白米 16exAGE
  • チャーハン 7885exAGE
  • 水餃子 4689exAGE
  • 焼餃子 8668exAGE
  • カツカレー 約17000exAGE

カツカレーは一食で一日量を超えてしまいます。

高温料理を減らしましょう。

冬の定番・鍋は、100度以下の低温・中温調理なのでオススメです。

最強鍋・生姜鍋

白だしに豚肉とにらを入れ、最後に生姜の千切りをたっぷり入れます。

豚肉とにらも入りますが、主役は生姜。

生姜鍋のAGEは、4340exAGE

すき焼き、水炊きよりもAGEが少ない鍋です。

生姜は水に浸してから使うと、マイルドでたくさん食べられます。

古い生姜は、すりおろすといいそうです。

生姜で糖化抑制

生姜の中には糖化を抑制する成分が入っています。

AGEの抑制力は、ねぎやにんにくよりも上。

辛味成分ショウガオールが、AGE抑制酵素が活性化。体内のAEGを減らす効果があります。

生姜で血糖値を下げる

生姜を入れた生姜焼きと、生姜を入れないポークソテーを食べた後の血糖値を調べました。

生姜焼きは血糖値100、ポークソテーは145。

ショウガオールには、血糖値を下げる働きもあります。

まとめ

・AGE(終末糖化産物)は老化の原因。

・高温調理でAGEが増加。

・生姜でAGEを抑制する。

・生姜は血糖値を下げる効果もある。

生姜は冷え性にいいと思っていましたが、老化を抑える効果まであるのですね。

紹介されていた生姜鍋。家でも作ってみました。

まずは生姜を皮ごとすります。

とれたて新鮮な生姜は千切りでよいみたいですが、スーパーで買った生姜なのですりおろして使いました。

火にかけた白だしに豚肉を入れて、

ニラも入れて、

最後に生姜を入れます。

産地の生姜鍋はもっとたくさんの千切り生姜が入っていましたが、やっぱり辛そうだなと思って、少なめにしてしまいました。

辛いのが大丈夫な人は、もっとたくさん入れた方が体にいいと思います。

さっぱりした鍋で、体が温まります。

具材はシンプルですが、他に豆腐やキノコを入れても美味しそう。

作り方はとても簡単でした。みなさんも是非作ってみて下さい。

最後に関連書籍を紹介します。

AGEについての本です。


老化物質AGEためないレシピ ──ウェルエイジングのすすめ

生姜鍋を紹介してくれた、伊藤先生の本です。


お料理好きのドクターがお届け! 天然ヘルシー『調和食』レシピ

よかったらこちらもどうぞ。

ソレダメ!長寿遺伝子活性化&ホルモンを増やす!アーモンド・生姜で健康に

ジョブチューン薬味SP生姜でひざ痛解消!新ショウガのサラダレシピ



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告