たけしの家庭の医学 亜鉛・カルシウム常備菜レシピ!油揚げ甘辛煮&たらこふりかけ

あぶらあげ

2019年2月5日放送。

骨を丈夫にするには、どうしたらよいでしょう?

カルシウムとビタミンDだけなく、実は亜鉛をとることも大事。

たけしの家庭の医学で、奥薗壽子さん考案のレシピが紹介されました。

亜鉛・カルシウムを含む常備菜、油揚げ甘辛煮たらこふりかけの作り方をお伝えします。

油揚げは意外と亜鉛とカルシウムがたっぷりって、知っていましたか?

スポンサーリンク
レクタングル大

亜鉛

亜鉛はカルシウムや鉄などと同じく、体に欠かせない必須ミネラル。

牡蠣、豚レバー、牛肉に多く含まれます。

カルシウムで骨を作る細胞の働きを活性化し、骨を丈夫にする効果があります。

骨のためには、カルシウム・ビタミンD・運動が大事ですが、この3つだけでは骨粗しょう症が改善できず、骨折してしまう人がいます。

骨密度が高い人は、亜鉛を十分にとっていました。

体内の亜鉛が不足していると、骨密度が低くなります。

高齢でもきちんと亜鉛をとれば、骨密度は上がると言います。

亜鉛&カルシムたっぷり調理

毎日の食事に足したい、亜鉛4㎎、カルシウム220㎎以上がとれる、奥園流常備菜。

レンジだけで作れます。

油揚げの甘辛煮

1、油揚げ3枚を短冊切り

2、耐熱容器に入れ、砂糖大さじ2、醤油大さじ2をからめる。

3、水大さじ4を加えて混ぜる

4、ラップを下に落としてして、電子レンジ600Wで4分加熱。

油揚げアレンジ

いなり寿司風混ぜご飯…ご飯に油揚げとポン酢を混ぜる。

釜揚げきつねうどん…茹でたうどんに油揚げを乗せる。

水菜と大根サラダの甘辛煮和え…水菜と大根と合わせる。

たらことゴマの万能ふりかけ

1、たらこ1個100gを耐熱容器に中で、キッチンバサミで切る。

2、ごま大さじ2をひねって入れる

3、青ネギ1束のみじん切りを入れて混ぜる

4、ラップを下に落として、レンジ600Wで3分加熱。

5、柚子の皮を削って加える

ふりかけアレンジ

たらことゴマのチーズトースト…食パンに乗せて、チーズと焼く

たらことゴマの卵焼き…卵焼きの具材にする

たらことゴマのポテトサラダ…茹でたジャガイモと混ぜる

作ってみました

「たらことゴマの万能ふりかけ」を作ってみました。

たらこはキッチンバサミで切ります。

ごまをひねって入れて、

青ネギのみじん切りも入れます。

ラップを下に落として、レンジ600Wで3分加熱。

加熱後、ゆずの皮を削って入れます。

ご飯に乗せていただきます。薄味ですが美味しいです。

卵焼きに入れてみました。お弁当などにいいですね。

たらことゴマのチーズトーストも作ってみました。

食パンにふりかけとチーズをかけて、トースターで焼くだけ。

コレ、かなり美味しいです。

ふりかけは、柚子の皮入りと皮なし、両方作って食べ比べてみました。

柚子を入れると風味が強くなるので、好みが分かれるかなと思いました。私は柚子なしでもいいかな~。

亜鉛とカルシウムがとれる、簡単レシピ。

レンジで作れるので、本当にラクチンでした。

奥薗壽子の本

教えてくれた奥薗さんは、簡単で健康にいいレシピの本を出版されています。

亜鉛についてはこちらもどうぞ。

林修の今でしょ講座、亜鉛貯金の積み立て方!牡蠣・肉の食べ方で変わる?



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告