初耳学【爆上がりアート】注目アーティスト&絵画のサブスクCasie

アートイメージ

2021年8月1日

日曜日の初耳学 初耳トレンディ「爆上がりアート」

日本は空前のアートブーム!

現代アートは値上がり幅が大きなことで注目されています。

コロナ渦で、お家に飾るアートのサブスクも人気。

教えてくれたのは、この二人です。

  • 年間1000本もの展示会を巡る、アートテラー・とに~さん
  • 横浜美大 学長 アートコレクター 宮津大輔さん
スポンサーリンク
レクタングル大

日曜日の初耳学 初耳トレンディ「爆上がりアート」

おすすめ展示会

アートが買える場所は、オークション・ギャラリー・アートフェアなど。

手軽な値段で買えて、爆上がりの可能性が高いのは、美大生の卒業制作の展示会

底値の5万円~10万円で買える作品もあります。

ただし今年は、コロナでなかなか予約が取れない状態…

注目のアーティスト

友沢こたおさん

現役東京藝大生アーティスト。

作品は、人物・人形にスライムをかけた絵画。

SNSなど顔が見えない現代社会を映し出す作品です。

萌白さん

スマホアーティスト 18歳

無料お絵かきスマホアプリ アイビスペイントを使用。

繊細な作品は人気で、オーダーが殺到。

オンライン授業も開催。生徒数は240人。

現在はiPadで制作。睡眠時間は1日約3時間。

1年間は約1万円の作品が、価値が上がり数百万円になったものも!

爆上がりしたアーテイスト

サイ・トゥオンブリーさん

50億円に値上がりした作品。

目で見て描かず、身体感覚だけを描く作品。

電気を消して暗闇で描いた作品もあります。

宮津さんはコレクションがあり、購入時約3000万だったものが、今総額数億円に。

草間彌生さん

宮津さんのコレクション。

25年前 約150万円で購入した「南瓜」は、現在5億円!

Casie(かしえ)

国内初の絵画のサブスク。

コロナ渦のリモート会議の時、背景に絵を飾りたい人が増加。

月額2200円~好みの絵を借り放題。

気に入った絵は購入可能。

古本の芸術作品

古本を折って作った作品が、世界で注目されています。

ページを切れず、折るだけで字を浮かび上がらせるアート。

ミリ単位でページを折り、作品によって150万円になります。

廃材アート

ゴミや賞味期限切れのパスタを使った作品など、材料費0円の作品もあります。

元々のパスタの色をいかしたパスタのアートは、30万円。

フードロスの社会問題を反映した作品です。

まとめ

日曜日の初耳学 初耳トレンディ「爆上がりアート」

今人気の現代アート。

アートは今や、投資の対象。

金や不動産より、値上がり幅があるものもあると言います。

びっくりしました。

また投資目的でない、お家に飾るアートも人気。

絵を買うのは勇気がいりますが、レンタルなら気楽に絵を飾ることができます。

Casie(かしえ)について、少し調べてみました。

月額2200円~好みの絵を借り放題。

全て1点もの、本物のアートです。

プリントされたポスターやカードとは、違う味わいやパワーを感じられますね。

利用方法は3ステップ

  1. アート診断 or 絵を指定 注文から3日〜5日でお届け
  2. 絵を飾る
  3. 絵を交換する

ポイント

  • 絵画は交換申請すると交換可能。
  • 初回送料は無料。
  • 絵画の交換時のみ交換送料が発生。

絵画を借りる前に、風水診断も受けることもできます。

簡単なアンケートに答えると、おすすめのアートを表示してくれますよ。

公式サイト Casie

コレクター 宮津大輔さんは、マツコの知らない世界にも出演しています。

2019年6月18日。 マツコの知らない世界~現代アートの世界~ 現代アートが、今、世界的ブーム! しかし、「現代...

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする