初耳学リモート医療!診療アプリ&自宅で人間ドック【初耳ハンター松丸亮吾】

家模型と虫眼鏡

2021年8月22日

日曜日の初耳学 初耳ハンター「リモート医療」

松丸亮吾さんが取材しました。

病院に行くことなく、スマホで完結する超便利なオンライン診療アプリや、自宅で簡単に受けられる人間ドック、世界初のリモートがん検査など。

今、リモート医療は進化しているのですね。

スポンサーリンク
レクタングル大

日曜日の初耳学 初耳ハンター「リモート医療」

自宅でできる人間ドッグ「おうちでドッグ」

血液と尿を送るだけ。

ガン・生活習慣病のリスクチェックが可能。

血液は自分で針を刺し、先端にスポンジがついた吸引器で吸い取ります。

血液量は、あずき大2~3滴。

検査精度は、病院と同等制度。

松丸さんが体験したところ、約20分で血液と尿の採取が終了しました。

あとは書類を書いて送るだけ。

結果は2週間後に届きます。

オンライン診断アプリ「クリ二クス」

いつもの先生ともっとつながる、オンライン診療・服薬指導アプリ

20~30代の利用者が多数。

診療科は、内科・小児科など20種類以上。

  1. エリア・診療科・特徴などから医療機関を検索
  2. 希望の日時を登録して、オンライン診療の予約完了
  3. 希望日時に、医師とビデオ通話で症状を相談

がん検査「N-NOSE」

がんの一次スクリーニング検査 12500円

尿1滴で検査できます。

尿に含まれるがんの匂いを、線虫(せんちゅう)がかぎ分けます。

線虫=体長約1㎜、線の形をした生き物の総称。検査で使うのは「シー・エレガンス」

胃がん・大腸がん・肺がんなど、15種類のがんのリスクチェックが可能。

しかし、がん種の特定はできないので、がんリスクが高いとわかったら病院で精密検査が必要です。

ステージ0や1の早期がんで、約85%の精度で見分けることができます。

  1. 同封されている保冷剤を冷凍庫で凍らす
  2. 採尿キットで尿を採取
  3. 凍らせた保冷材に尿を入れる
  4. 全国にある指定の場所に提出(外出してから4時間以内を目安に)
  5. 集荷料金を払えば、自宅に取りにきてくれる
サイト N-NOSE

まとめ

日曜日の初耳学 初耳ハンター「リモート医療

松丸亮吾さんが取材しました。

自宅で人間ドッグや、アプリでオンライン診断なんて、進化していますね。

線虫を使ったがん検査にはびっくりしました。

オンライン診療について、少し調べてみました。

初耳学で紹介された「クリ二クス」の他にも、こんなオンライン診療があります。

なかなか病院に行きにくい今、利用したいケースもあるでしょう。

費用はいずれも、クレジットカード決済になります。

ポケットドクター

ANYMED(エニメド)

クロン (初診は原則として対面での診療)

最新アプリ、睡眠管理アプリなどはこちらで紹介されていました。

2021年5月30日 日曜日の初耳学 最強便利スマホアプリ 初耳トレンディで便利な最新アプリが紹介されました。 特...

初耳ハンター「空飛ぶ車」もチェックしてください。

2021年8月8日 日曜日の初耳学 初耳ハンター 4年後の実用化を目指す空飛ぶ車が紹介されました。 まるで空想の世...

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする