林修の今でしょ講座!羊肉の健康パワー&ジンギスカンのコツ【夏の最強肉決定戦】

ラム肉

2021年6月15日

林修の今でしょ講座 羊肉VS牛肉VS豚肉VS鶏肉

栄養&健康パワーを徹底比較

医師が選ぶ夏の最強肉決定戦

  • 肥満対策
  • 夏風邪予防
  • 疲労回復
  • 熱中症対策
  • 肌トラブル

それぞれ最適な肉はどれ?

スポンサーリンク
レクタングル大

林修の今でしょ講座 羊肉VS牛肉VS豚肉VS鶏肉

肥満対策に羊肉

羊肉は、脂肪燃焼効果が期待できる、L-カルニチンが豊富。

含有量 100gあたり210㎎ 鶏肉の約28倍

L-カルニチンの一日の摂取の目安は200㎎

豚肉なら約700g必要です。

夏風邪対策に羊肉

羊肉は、夏風邪対策が期待できるビタミンAが豊富。

ビタミンAは、胃や腸などの臓器に侵入する、ウイルスや細菌をブロックする働きがあるため。

疲労回復に豚肉

豚肉は、夏バテ・疲労回復が期待できる、ビタミンB1が豊富。

ビタミンB1は、エネルギー代謝を高めて、疲労感を除去。

不足すると体がだるくなります。

酢豚がおすすめ。酢のクエン酸が疲労物質を分解するパワーがあります。

熱中症対策に羊

熱中症対策に効果が期待できる、オメガ3脂肪酸が豊富。

オメガ3脂肪酸は、血管内の悪玉コレステロールを代謝し、血流を改善。

熱中症で脱水状態になると、血管内の水分が減少。

悪玉コレステロール値が上がり、血流が悪くなります。

日ごろからオメガ3脂肪酸をとっておきましょう。

羊肉は「陸の魚」と呼ばれています。

肌トラブルに羊肉

羊肉は、ビタミンEが豊富。

ビタミンEは、肌の新陳代謝を促進。傷ついた肌を修復。

夕食に羊肉を食べると、寝ている間に肌への働きが期待されます。

オススメは、パプリカと一緒に食べること。

パプリカは肌の修復効果が期待できるビタミンCが豊富です。

お家で食べる羊肉調理のコツ

羊SUNRISE オーナー兼ラムバサダー 関澤さんに聞きました。

家でのジンギスカンの焼き方

専用の鍋の代わりに、ホットプレートで代用可能。

空洞の中で熱が対流し、中心の温度が常に一定にし、焼きたてをすぐに食べられるジンギスカン鍋。

ホットプレートも同じく、設定した温度で常に一定。出来立てを食べることができます。

  1. 温度は一番高温に設定。
  2. 羊の脂(サラダ油・牛脂でもOK)を溶かす
  3. 野菜を焼く
  4. しいたけは片面焼き(茶色を下に)
  5. 羊肉は表面に水分が浮き出てきたら返す
  6. ひっくり返して30秒焼いたら完成。

ラムチョップの焼き方

  1. 脂身の方から焼く(赤身は早く火が通るため)
  2. フライパンのふちに骨を引っ掛けて、肉の先端を焼く。
  3. 最後に赤身部分を焼く
  4. 火の入りにくい骨の部分は、フライパンを傾けて脂をかける。
  5. 焼き色がついたらひっくり返し、脂をかけながら焼く

まとめ

林修の今でしょ講座 羊肉VS牛肉VS豚肉VS鶏肉

肥満対策、夏風邪予防、熱中症対策、肌トラブルで、羊肉がおすすめされました。

  • ラム肉…生後1年未満の羊。肉質が柔らかく、糖質は多い。
  • マトン…生後2年以上の羊。肉質がしっかりして、糖質は少ない。
  • 最新技術「プロトン凍結」で、脂や血が流れるのを抑えて冷凍。匂いが抑えられる。

羊肉は今健康に良いとブーム。

モンゴルでは羊肉うどん、中国では羊と根菜の炒め煮などで食べられるそうです。

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

よかったらこちらもどうぞ。

2021年6月1日 林修の今でしょ講座 最強フルーツ対決! バナナVSリンゴVSパイン 夏の悩み解消5番勝負! ...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする