林修の今でしょ講座、カニかまは筋肉をつける最強食材!赤い着色はトマトとパプリカ

2018年9月25日放送の林修の今でしょ講座

健康長寿が常備する、キムチ、カニカマ、玉ねぎパワーSPが放送されました。

こちらでは、筋肉にいいカニカマを取り上げます。

カニカマが筋肉にいいって、本当!?

近畿大学生物理工学部准教授・谷本道哉先生の講座です。

カニかまのココが凄い!

カニかまはタンパク質の塊

高齢者にとっては、最強の部類。

魚肉(冷凍スケトウダラのすり身)と、冷凍卵白。2つのタンパク質が、カニカマの材料です。

手軽に最高のタンパク質がとれます。

運動後にカニかま

運動後30分以内に、タンパク質をとるのが良い。

運動後1~2時間は、筋肉を作る反応が進むので、食後30分以内でタンパク質をとりましょう。

カニカマはどこでも、そのまま食べられるので、運動後の間食にオススメ。

カニかまは消化にいい

カニカマは肉や卵に比べると、消化が良く、胃もたれしません。

蟹の食感に似せるため、細かく裏ごし細かく練り合わせるため、消化がいいのです。

また、ほぐれるように繊維状になっているのも、消化が良くなるポイント。

胃液に触れる表面積が増えるので、消化が良くなるのです。高齢者には最適。

ダイエットにもカニかま

スケトウダラは水にさらして、カニカマの材料になります。

水にさらすことで、魚の脂肪がほぼゼロ。かまぼこなども、ほぼ無脂肪です。

糖質の力

カニカマを繊維状にする際、白さと食感を再現するため、でんぷんを使います。

デンプン=糖質。

糖質は、筋肉を作る時のエネルギーになり、筋肉をつくるパワーを高めるインスリンの分泌を促進します。

本物のカニには、糖質は入っていません。

1日の適量は?

カニカマ大きめ1本で、タンパク質10g、糖質10gくらいとれます。

小さいサイズなら5~6本で。

赤い着色は体にいい

カニカマの赤は、トマトとパプリカの赤い色素で着色されます。

むしろ体にいい!

トマトのリコピンは、強い抗酸化作用があるファイトケミカルに一種。

血管・肌など、老化防止が期待できます。ただし少量ですね。

カニカマの欠点は?

塩分が多い。先生は洗って食べたりするそうです。

健康に良くても、大きいものなら1日1本で。

カニかまっちょ体操

1、足を広げて立つ。

2、腰を曲げずにしゃがむ(2秒かけて)

3、背筋を曲げずに立つ(2秒かけて)

1日10回が目安。

体操をしたら、カニカマを食べましょう。

まとめ

カニカマが筋肉にいいとは、思ってもみませんでした。

年をとっても肉を食べろという話は聞いたことがありますが、肉は確かに胃にもたれやすい…。

カニカマは消化がいいし、タンパク質がとれるし、高齢者にはイイコトばかり。

それに安いし、どこのスーパーでも買えるので助かります。

赤い色が健康に悪そうなイメージでしたが、カニカマの色素はトマトとパプリカと紹介されていましたが、本当かな?

買ってきて、チェックしてみました。

まずニッスイの「香味焼 焼きがに風味」。

着色料は、トマトリコピン。たしかにトマトだわ~。

セブンの「明太マヨしたらば」。これはチーズ入りのカニカマです。

着色料は、紅麹パプリカ色素

これはパプリカ使用。でも、紅麹ってなんだろ?

セブンの「カニ風味かまぼこ」。

着色料は、紅麹アナトーラック

うーん。これは見慣れない名前が出てきました…。

カニカマの色素も、色々あるみたいですね。

紅麹は、紅麹から抽出した色素。

ラックは、ラックカイガラムシの分泌物から抽出した色素。

アナトーは、ベニノキという植物の種子から抽出した色素。

いずれも天然色素です。

必ずしもトマトとパプリカじゃないみたいですが、私が買ったカニカマに、人工着色料は使われていませんでした。

よくある「赤色〇号」みたいなのが、化学的に合成された人工着色料です(勿論食品として認められている物です)。

気になる方は、買う前に、原材料名をチェックしてみて下さい。


カニカマと筋肉について教えてくれた谷本先生は、筋肉と健康長寿の関係について研究。

テレビ出演も多く、本も出版されています。

よかったらこちらもどうぞ。

マツコの知らないカニカマの世界!激ウマアレンジレシピをカニカマハナコが紹介

林修の今でしょ講座、キムチの正しい食べ方!健康長寿・老けない秘訣は冷蔵庫



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大