林修の今でしょ講座 新型コロナウイルスの疑問&予防法&正しい手洗いのやり方

マスクをする女性

2020年3月10日

新型コロナウイルス

連日の情報で感じたギモン&医師の予防法

感染症対策が専門、順天堂大学教授 堀賢先生の講座です。

スポンサーリンク
レクタングル大

新型コロナウイルスの疑問

インフルエンザの死亡者にくらべて恐ろしいの?

日本ではそれほど怖くない。

流行はするけれど、致死率がそれほど高くないので、風邪が世界的に流行っているようなもの。

厚生労働省の発表によると、インフルエンザの死者は、年間約1万人。

ただし、発展途上国など、医療が整っていない国では危険。

現在のWHOの発表では、致死率は約3.4%(インフルエンザは約0.1%)

医療インフラの違いによって、救命率に差が出るのでは。

感染すると肺炎になるの?

必ず肺炎になるわけではない

約8割は軽症。家で安静にしていれば治る。

約2割が入院が必要(重症14%、重篤5%)

高齢者、基礎疾患(糖尿病・心不全・呼吸器疾患)がある方が、重症化しやすいと言われています。

検査はいつ全員ができるの?

感染拡大を防ぐには、全員検査を行わないほうが良い。

検査で病院に行くと、待合時間も長くなって、隣の人にうつすかもしれない。

かえって、感染拡大の恐れが…

再感染はある?

再感染ではなく、再燃では?

  • 再感染=一度感染し治った人が、再び感染。
  • 再燃=一度ウイルス量が減ったが、再びウイルス量が多くなった。

PCR検査の診断制度は、3~7割程度。5割と考えても、2回に1回は見逃す可能性がある。

検査なしでも見つけるには?

具体的な症状は、普通の風邪と変わらない。

発熱、乾いた咳、倦怠感、たん、息切れ、のどの痛み、頭痛、筋肉痛・関節痛、悪寒、嘔吐・吐き気、鼻づまり、下痢、喀血など。

見分けるのは難しいので、休むことが大切。

潜伏期間は?

普通の風邪 2~5日

コロナ 12.5日

休校・自粛解除は?

行動制限は2週間でも足りないかも。

1次感染→2次感染は接触者の感染。

3次感染は周囲の人。疫学的には3次感染までたどれる。

4次感染は感染経路が不明(今、日本はココ)

5次感染になると、爆発的な感染になるので防ぎたい。

5次感染を防ぐためには、2週間でも足りない。

理想的には潜伏期間の2倍、25日間、流行っている地域で行動制限をするべき。

予防は手洗い?

手洗いが1番効果あり。

健康な人はマスク不要。

目、鼻、口の粘膜にウイルスをつけないことが大事。

1日 10~15回洗いましょう。

正しい手洗いの仕方

20~30秒が適切。

30秒の手洗いで、雑菌が80%以上減ります。

  1. 手を濡らし石鹸で泡立てる
  2. 指の間を洗う
  3. 手のひらと手の甲を洗う
  4. 指先を洗う
  5. 手を組んで洗う
  6. 親指を包み込むように洗う
  7. 手首を洗う

アルコール消毒は20~30秒もめは良い。

手の汚れが少ないときはアルコール消毒でも。

一般的にウイルスは空気中でも約2~8時間は生存します。

外出中は顔を触らないこと。

飲めるアルコールで消毒できる?

糖分が含まれるアルコールはダメ。

アルコール濃度90%以上で、殺菌効果が低い。

60~70%で、殺菌効果が高い。

マスクで予防できる?

マスクは予防効果は低い。

マスクは咳など症状のある人がつけるべき。

体調の悪い人がつけることで、感染拡大の防止になる。

うがいの効果は?

あまり効果はない。

うがいは日本だけの習慣で、海外では普及していません。

ウイルスは体内に入ると20分ほどで細胞の奥まで侵入するためです。

来年は普通のかぜになる?

可能性は高い。

野生動物との接触が増えることで、周期的に新型コロナウイルスが流行する可能性がある。

また、変異して攻撃力が増す可能性は低い。

頭のいいウイルスは、宿主を生かさず殺さずで共生するため。

まとめ

先生が最も言いたいことは、あまりマスクにこだわらないこと

感染している人がマスクをすること。

冷静に、正しく恐れること。

色々な情報があるので、冷静に…が、なかなか難しいですね。

手洗いは雑にならないように気を付けたいと思います。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする