林修の今でしょ講座 バターで免疫力アップ&脂肪燃焼&脳を活性化!1日何gなら太らない?

バター

2020年3月10日

バターで健康長寿?

免疫力強化や脳活性など意外な関係が明らかに?

林修の今でしょ講座で紹介されたバターの内容をお伝えします。

実はバターは太らないって本当?

  • 感染症予防に免疫力アップ
  • 脂肪を燃焼
  • 脳の働きを活性化
スポンサーリンク
レクタングル大

バターで免疫力アップ

ビタミンA

バターは免疫機能を高めます。

免疫力がアップする成分ビタミンAが、牛乳の13倍。

ビタミンAは、腸内で免疫細胞を活性化。ウイルスの侵入を防ぎます。

ほうれん草のバター炒め

ビタミンAは、脂溶性ビタミン(油に溶けるビタミン)。

ほうれん草にもビタミンAが含まれるので、油と一緒になって吸収率が上がります。

じゃがバター

バターには、ビタミンAとビタミンEが含まれます。

じゃがいもには、ビタミンCが豊富。

ビタミンA、C、Eが合わさるとビタミンACE(エース)になって、免疫力がアップ!

ジャガイモのビタミンCは、加熱しても壊れにくいです。

バターの成分が脂肪を燃焼

共役リノール酸

バターは脂肪を集めたもので、カロリーはあります。

特別な脂肪成分、共役リノール酸が、脂肪を燃焼すると説明されました。

ラットの実験で(海外では人の実験も)、内臓脂肪が減少するという結果が出ているそうです。

ただし、摂り過ぎは注意。1日10gが適量。

バター×牛肉

脂肪燃焼効果を上げるのに良い肉の組み合わせは、牛肉。

L-カルニチンが豊富な牛肉が、脂肪燃焼を促進。

牛肉の中にも共役リノール酸が含まれます。

バターで脳を活性化

「1日9gのバターに含まれる中鎖脂肪酸の働きで、認知機能低下のリスクが約16%抑制」という、国立長寿医療研究センターの研究が紹介されました。

また、パンだけを食べるよりも、パン+バターを食べた人のほうが、認知機能を低下を抑制するという結果も出ているそうです。

脳に良い組み合わせは、魚。

鮭のちゃんちゃん焼き、サバのバターソテーなど。

魚の脂は、DHA・EPAが多く、脳に良いです。

まとめ

今日の林修の今でしょ講座は、はちみつVSバターの対決でした。

バターは1日10gがおすすめ。結構あっという間に使ってしまう量ですけどね。

ハチミツバターが最強ってことで、いいでしょかね?

ハチミツについてはこちらをどうぞ。

2020年3月10日 ハチミツに秘められた抗菌力・血管&骨の最新研究が続々! はちみつ博士 食品医学研究所所長 平柳要先...

よかったらこちらもどうぞ。

2019年11月26日 パン屋さんがお家で使うバター、気になりますよね。 人気パン職人愛用の最強バターが紹介されました。 ...
2018年5月22日放送「マツコの知らない世界」 日本一バターが揃う店でNO.1バターマニア、長尾絢乃さんが登場。 長尾...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする