林修の今でしょ講座・薬味最強ベスト5!大根おろし・生姜・唐辛子・にんにく・長ネギ

長ネギ

2019年9月17日

胃腸・免疫・血管を老けさせない、最強薬味ベスト5!

9月は夏に溜まった疲れを放っておくと体に定着し体が「老化」しやすい季節。

薬味で体を若返らせましょう。

薬味によって、健康効果が違います。

最強の食べ合わせと共に、まとめてお伝えします。

  • 第5位 大根おろし(胃腸)
  • 第4位 しょうが(免疫力)
  • 第3位 にんにく(血管)
  • 第2位 唐辛子(脂肪燃焼)
  • 第1位 長ネギ(冷え性)
スポンサーリンク
レクタングル大

第5位 胃腸を老けさせない薬味 大根おろし

辛味成分イソチオシアネート

アブラナ科の野菜の辛味成分摂取で、死亡リスクが約14%減!

辛味成分のイソチオシアネートは、多く摂取する人は、少ない人よりも、死亡リスクが男性で14%、女性で11%減ることがわかりました。

唾液や胃液の分泌を促し、消化を促進。

強い殺菌作用で、胃腸のがん予防にも期待できます。

大根をおろした時に細胞が破壊されてできる成分なので、煮た大根ではとれません。

大根おろしの作り方

辛い大根がオススメ。汁まで、おろしたてをとることが大事。

同じ大根でも、辛味成分は下部は上部の数倍もあります。大根おろしは下の方を使いましょう。

おろし方は斜めではなく、繊維に対して垂直におろすと繊維がより壊れて、辛味成分が多く生まれます。

大根おろしの食べ方

1日大さじ1杯が目安。

最強の組み合わせは、大根おろし×納豆

納豆の納豆菌が善玉菌を増やし、大根おろしとのパワーで健康に!

第4位 免疫力を老けさせない薬味 しょうが

辛味成分 ショウガオール

生姜のジンゲロールは、免疫細胞を刺激し、免疫力を調整。また、強力な殺菌パワーで、ウイルスを撃退します。

生の生姜は解熱作用があり、体を冷やすこともあります。

加熱するとジンゲロールの一部がショウガオールという、体を温める成分に変わります。

ショウガオールをとると、血流がよくなり、体温が上昇。免疫細胞が活性化。

生姜の成分は汁に染み出るので、煮物より生姜焼きがオススメ。

チューブのしょうがは、生に比べ少ないが問題ないそうです。

生姜のすりおろし方

ジンゲロールは皮の近くに含まれるので、皮ごとするすりおろします。

よい組み合わせは、生姜×緑茶。

すりおろしたショウガを温かい緑茶に入れて、かき混ぜて飲みましょう。

緑茶のエピガロカテキンガレートが免疫力を調整。

生姜のジンゲロールとショウガオールも免疫力を調整します。

てんぷらもオススメ。

1日小さじ1杯が目安。

第3位 血管を老けさせない薬味 にんにく

におい成分 アリシン

アリシンは血管を広げ、汚れを取り除きます。

血圧低下、動脈硬化予防にうってつけ。食べる降圧剤とも言われます。

血管を老けさせないパワーは、ニンニクの細胞を壊すことで増加するので、細かく切ったり、叩いたり、すりおろしたりすると良いでしょう。

ニンニクの食べ方

血管を老けさせないためには、生で食べること。

加熱すると成分が変わり、アリシンが減少します。

トマトのにんにくドレッシング和え

よい組み合わせは、にんにく×トマト

トマトのリコピンは血管の酸化を防ぎます。

  1. ニンニクを細かく刻む
  2. 切ったトマトに1を入れる
  3. オリーブオイル、塩で味付け

第2位 脂肪燃焼パワーを老けさせない薬味 唐辛子

辛味成分 カプサイシン

カプサイシンが中性脂肪を分解・燃焼!

カプサイシンが脳に運ばれると、運動した時と同じようにアドレナリンを分泌させます。

運動しなくても、運動と同じように脂肪燃焼効果があります。

良い組み合わせは、大根おろし×唐辛子(もみじおろし)

大根おろしの消化酵素と、唐辛子のカプサイシンで、脂肪燃焼効果を抜群にします。

ただし、食べるすぎると胃腸が荒れたり、頭痛を起こすこともあるので注意。

1日、鷹の爪1本分、約1gが目安。

第1位 毛細血管を老けさせない薬味 長ネギ

白い部分に含まれるアリシンが血流を良くし、体を温めます。

緑の部分に含まれるβーカロテンが、血液を増やします。

白い部分、緑の部分、両方とりましょう。

冷え性改善に期待できます。

よかったらこちらもどうぞ。

2018年11月10日放送。 医者も認めた体にいい薬味SP! インフルエンザ予防に、ねぎ。11~1月が旬。 インフルエンザ...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告