ヒルナンデス 香港焼小籠包&腸粉レシピ!外国人宅で料理教室Tadaku(タダク)

焼き小籠包

2019年6月12日。

外国の文化を楽しみながら、世界の料理を学ぶんデス!

外国人の先生の自宅で料理を学べるサイトが紹介されました。

マッチングサイト「Tadaku」

今日の先生は、香港出身、片岡フィービーさん38歳。

ミシュランの星がついた点心専門店(ティム・ホー・ワン)の元シェフ。

29のコースの中で、特に人気は焼き小籠包(しょうろんぽう)と腸粉(ちょうふん)。

スポンサーリンク
レクタングル大

香港料理教室

焼き小籠包 20個分

香港の焼き小籠包は、肉まん風の生地。

豆板醤がよく合います。

レッスン「焼き小籠包コース(上海焼きそば・おしるこ)」は、3時間15分、6200円(税別、材料費込)

生地の材料

  • 強力粉・薄力粉 100gずつ
  • 砂糖 25g
  • サラダ油 小さじ1
  • 牛乳 100㏄
  • イースト 2.5g

生地の作り方

  1. 生地の材料をボールでまとめる。
  2. 生地を台で10分手捏ね。パンより固め。
  3. 10分寝かせる。
  4. 20gに切り分け、綿棒で5㎜の厚さにする。
  5. まわりをうすく、真ん中は厚めにする。

小籠包の具

  • 豚挽肉 100g
  • ニラ 1束 みじん切り
  • 醤油 小さじ1
  • 塩コショウ 小さじ1/4
  • 砂糖 小さじ1
  • ごま油 小さじ1
  • 鶏がらスープ 小さじ1/2
  • かたくり粉 大さじ1
  • オイスターソース 小さじ1/2

具の作り方

  • 材料をボールで混ぜる。
  • お店の小籠包と違い家で作る場合、水分で肉汁感を出すこと。水分はお肉の量の10%。
  • 肉汁を多めにしたい場合、水を加えればOK。

包み方&焼き方

  1. 皮の真ん中にへこみを作り、具を大さじ1/2乗せる。
  2. 左の親指で具を押える。
  3. 右の人差し指を生地の下、右の親指を生地の上にして、生地の波を作って潰すように包む。
  4. 30秒で完成(早めに包まないと生地が乾く)。
  5. ラップをかぶせて15分寝かせる。
  6. フライパンに水を入れて5分間蒸し焼き。

腸粉 5人前

お米が材料の点心。香港では朝ごはんの定番。

レッスン「腸粉コース(おかゆ・春巻き)」は3時間30分、7500円(税別、材料費込)

生地の材料

  • 上新粉 150g
  • かたくり粉 10g
  • コーンスターチ 15g
  • 浮き粉 10g
  • 水 450㏄

生地の作り方

  • ボールで粉類と水を混ぜる。
  • かたくり粉はモチモチ感、コーンスターチはプルプル食感を出します。

具の材料

  • むきえび 300g
  • タケノコ(みじん切り) 30g
  • 背油 30g
  • 砂糖 12g
  • 塩 4g
  • かたくり粉 9g
  • ごま油 少々
  • サラダ油 少々

具の作り方

  • 粘り気が出るまでミキサーで混ぜる。

蒸し方

  1. フライパンに湯を沸かし、同じ大きさのトレーを入れ即席蒸し器にする。
  2. 油を塗ったトレーに、お玉1半分の生地を入れる。
  3. 生地の上に具を40g乗せる(縦に棒状に)。
  4. 蓋をして3分蒸す
  5. ヘラをつかい、具をオムレツのように包む。

タレも手作り。材料を炒めて作ります。

  • 生姜5g
  • 青ネギ 1本
  • にんにく 1片
  • しょう油 20g
  • 氷砂糖 20g
  • 水 20g

自家製タレ

冷蔵庫にあったタレも教えてもらいました。

お酢80㏄、ニンニク1個(みじん切り)、唐辛子1本、塩小さじ1/4、砂糖小さじ1/4をつけたもの。

サラミや野菜につけるのがおすすめ。

Tadaku

利用者4万人以上。

料理を教えたい外国人と、海外の料理を学びたい日本人をつなぐマッチングサイト。

80の国と地域、300人以上の外国人が先生。

教わるのは先生の自宅です。

ホームスティ気分で、文化や歴史を楽しめる新感覚の料理教室として人気。

料理教室は、1回3000円~(税別)とリーズナブル。

先生が参加人数を決め、人数が集まったら開催されるシステムです。

食べるだけのコース「おうちごはん」では、先生が作ってくれた母国の料理3品を食べることができます。

おうちごはんは、1時間30分、2500円(税別)

公式サイトはこちらです。Tadaku

作ってみました

香港の焼き小籠包に、腸粉。とても美味しそうでしたね。

焼き小籠包を、家でも作ってみました。

まず生地作り。ボールで粉を合わせてから、

生地の粉が入ったボール

まな板でこねます。

10分こね続けるとなると、結構疲れますね…。

生地をこねている

10分こねたら、まとめてラップして10分寝かせます。

ラップした生地

生地を寝かせている間に、具を作ります。

水を多めに入れました。

小籠包のあん

生地を20gに切り分けてから伸ばします。

打ち粉などしなくても、くっつかない生地の固さで、扱いやすかったです。

でも才能がないのか、真ん丸に広がりませんでした。

生地を伸ばす

具を大さじ半分乗せて包みます。

具を乗せた生地

包むのは思ったよりも難しくないです。

でも生地が乾くと破れやすくなるので、ラップをしつつやった方がよさそうです。

生地は20個分のはずですが、20gずつ切り分けたら17個分にしかなりませんでした。

生地が膨らまなったから?

具を包んだ小籠包

ラップして寝かすと少しだけ大きくなりました。

寝かせた後の小籠包

コレをフライパンに蒸し焼きにします。

小籠包を焼く

小さかった小籠包が、こんなに大きくなりました。

焼いた後の小籠包

裏はこんがり、上の方の皮はふわふわモチモチ。

焼き小籠包盛り付け

時間はかかりますが、たまには一から手作りもいいですね。

皮づくりは面白かったです。

ただ思ったよりも肉汁が出ませんでした。ちょっと残念…。

水分をもっと入れた方がいいのかな?

焼き小籠包1こ

前回はロシア料理。ピロシキとボルシチでした。

よかったらこちらもどうぞ。

2019年6月5日 世界の料理を外国人のお宅で学ぶ! 外国人の先生の自宅で料理を学べるサイトが紹介されました。 今...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告