ヒルナンデス、クローゼットスタイリスト林智子の大人コーデ!30代の着回しは?

2018年10月10日放送。

スタイリストの技と整理収納テクニックを併せ持つのが、クローゼットスタイリスト。

服の数は減らして、コーディネートは増やします。

ガーリー服を処分したい、30歳主婦のお宅に伺いました。

スタイリストは、林智子さん。

スポンサーリンク
レクタングル大




30代の残すべき服&捨てるべき服

30歳の主婦のお洋服をチェック!

クローゼットからあふれた洋服は、なんと約300着。

ガーリーな可愛いものが捨てられないそうです。

捨てるもの

・甘いテイストを変えられないワンピース。

ただし、全身花柄は今年のトレンド。Tシャツ・ジーパン・カーディガンなどを合わせられるので残しました。

・膝が出るものはNG。

・甘すぎるリボン、ビジュー、レースなどのトッピングが多いもの。

残すもの

・1着で3パターン着まわせるもの。

・カジュアル、キレイめ、キレイめカジュアルなど、TPO別に着られるとベター。

・レースなら、単色で大ぶりな花柄がオススメ。

・トップスなら、ビジューがないもの。

・30代は、フルコースより引き算で。甘い飾りがないもの。

・必要なのはベース服。派手な柄がなく、着回し可能な洋服。

・この秋おすすめは、カーキ×淡いピンク

・花柄スカートなら、落ち着いた色、または単色の花柄のみ。

迷ったら

洋服を着て写真撮影、客観的に見て判断しましょう。

クローゼット大改造

おすすめコーデ

一週間なら、トップス3枚、ボトムス3枚でいいと林さんは言います。

アクセサリーやパンプスで、大人らしいコーデに。

シンプルなベース服は、小物を変えてイメージチェンジ。

捨てる服は処分

今回300着中、88着を処分することになりました。

そこで、出張買取サービスを利用。

リサイクルショップ「ティファナ」では、ノンブランドの洋服も買取します。

査定のポイントは、持ち上げた時のハリ、使用感(襟・袖・袖)のヨレなど。

今回は、66点買取で、4100円でした。

林智子さん

クローゼット整理の達人。

取得資格多数。

ライフオーガナイザー、クローゼットオーガナイザー、マスターライフオーガナイザー、骨格スタイルアドバイサー認定講師、整理収納アドバイザー2級。

東京在住。女の子のお母さんでもあります。

林さんのサイトはこちらです。

クローゼットコーディネートの、著書が2冊あります。


だれにでもつくれる最強のクローゼット 7 steps to make the best (美人開花シリーズ) [ 林智子 ]


「毎日楽しい! 」おしゃれをつくるコーディネートLESSON (美人開花シリーズ)

今回は、花柄で可愛い服がたくさん出てきましたね。

30代は、結婚や出産でライフスタイルが大きく変わる時。

生活シーンと服が合わなくなるので、クローゼットを見直すいい時期だそうです。

ガーリーは10代なら可愛いですが、30代ママはシンプルコーデがオススメですって。

前回放送は、こちらをどうぞ。

ヒルナンデス、クローゼットスタイリストの服の断捨離ワザ

ヒルナンデス 、クローゼットスタイリストの捨てる服残す服の基準とは?

ヒルナンデス 、クローゼット大改造・整理の法則でトレンド服だけを残す!



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする