ヒルナンデス クローゼットスタイリストの整理の法則&似合う服の選び方

服選びに悩む女性

スタイリストの技と整理収納テクニックを併せ持つのが、クローゼットスタイリスト

服の数は減らして、コーディネートは増やします。

ヒルナンデスでは服が捨てられない方のお宅へ、クローゼットスタイリストが訪問。

残すべき服、処分するべき服を見極め、洋服を整理してきました。

クローゼットの残す服の法則がわかると、お家がすっきり片付きますよ。

スタイリストの法則をまとめたので参考にしてください。

クローゼットスタイリストが訪問したお宅の例

  • 春夏の体型をカバーする服選びの法則
  • 体系の悩みを解決する似合う服の選び方
  • ベーシック大人スタイルの法則
  • 大人の春物5大法則
  • アラフォー上品スタイルの法則
  • 魔法の5大法則

クローゼットの整理術

  • 服の量の目安
  • 体型別オススメの服
  • 捨てる服・残す服
スポンサーリンク
レクタングル大

ヒルナンデス クローゼットスタイリストの法則

洋服

春夏の体型をカバーする服選び

2019年5月22日放送。スタイリスト金川文夫さん。

産後太りに悩むママの、春夏の体型をカバーする服。

残すべき洋服のポイント

  • 春夏トップス…力こぶが隠れるボリューム袖(ペプラム袖・ドルマン袖)
  • 薄手スカート…シワになりにくい素材のIライン(ポリエステルなど)
  • 白シャツ………オーバーサイズ(ジャストサイズは太って見えるのでNG)
  • サマーワンピース…シャツタイプ(カットソータイプは体型がでるのでNG)

体系の悩みを解決する似合う服の選び方

2019年4月10日放送。スタイリストは金川文夫さん。

39歳、身長153㎝。丸顔&肩と腰回りの太さに悩む方に似合う服。

  • トップス…デコルテの見えないネックは処分
  • シャツ……オーバーサイズを残す
  • パンツ……サブリナパンツ・ガウチョパンツは処分(背が高い人はOK)
  • スカート…ひざ丈の台形スカートは処分
  • 靴(フラットシューズ)…飾りのないシンプルなものを残す

ベージュのパンプスは、素肌と同化して脚長効果が期待。
フラットフォームサンダルは、厚底で身長が高く見え、疲れにくい。

ベーシック大人スタイルの法則

2019年2月27日放送。スタイリストは林智子さん。

ベーシックが似合う大人女性に似合う服。

  • フォーマルワンピース…露出を控えめに。肩の幅5センチ以上、膝が隠れる長さ。
  • シャツ…ポケットのないシンプルなものを残す
  • ジャケット…襟ぐりの形が、縦に深いVのものは残す
  • ロングスカート…くるぶし丈の長さを選ぶ
  • デニム…ベーシックなデニム。5ポケットを残す。ダメージ加工が一つまでのもの。

デニム

大人カジュアルの春物5大法則

2019年2月20日。スタイリストは林智子さん。

捨てれらない40代の主婦のクローゼットを整理。

春物のポイントは、

  • ブラウス…ベーシックカラー(白やベージュなど)を残す
  • スカート…Iラインシルエットを残す
  • 春物ニット…2首(首と手首)でるものを選ぶ
  • Tシャツ…リブのないものは残す(Tシャツよりカットソーを選ぶ)
  • カバン……センスが上がるコンパクトな1色使いを残す

アラフォー上品スタイルの法則

2019年2月6日放送。スタイリストは金川文夫さん。

700着もあるクローゼットを整理して、アラフォーの上品スタイルに。

  • デニム…5ポケットを残す(他のデザインは流行りがあるので手放す)
  • プチプラニット…定番カラーで定番デザインを残す(白・黒・ネイビー・グレー・ベージュ)
  • ファーコート…エコファーとボアの無地のものを残す(柄物はおばちゃん)
  • ショートブーツ…くるぶしを隠す
  • カーディガン…ボタンありは捨てる。女性らしいボタンなしのカーデは残す

捨てるか迷ったときの魔法の5大法則

2019年1月30日放送。スタイリストは金川文夫さん。

冬のキレイめトレンドコーデ。

  • ニット…ドロップショルダー・タートルネック・ハイネックは残すこと。
  • チェニック…Iライン、ひざ下丈よりも長いものを残す
  • レギンス…素材がリブレギンスを残す
  • ボトムス…ぴったり系はタックがあるものを残す(ただしジーンズ以外)
  • パンプス…ボディーとヒールが同素材同色(高級感がある)

スタイリストがおすすめするクローゼット整理

引き出しの中の畳まれた洋服

服の量の目安

  • アウター1点
  • トップス 4点
  • ボトムス 3点
  • くつ 2点

合計 10点。最大24コーディネート。

トップス3×ボトムス3着で、1週間着まわせます。

3つの首(首・手首・足首)のうち、2つを出すと女性らしさがアップ。

体型別オススメの服

トップス

  • 胸から肩までの厚みがない…ハイネック。
  • 腰周り・二の腕の太さが気になる…ロング丈カーデガン。シルエットが細長く見えます。
  • 肩幅が広い…ドルマンスリーブ。

シャツ

  • なで肩…フリルやレースなどボリュームのあるシャツ、オフショルダー。
  • お腹周りが気になる…シャツワンピース。特にストライプなら気痩せ効果あり。

パンツ

  • 背の高い…サブリナパンツ・ガウチョパンツ
  • お尻・太ももが気になる…テーパードパンツ
  • お腹周りが気になる…トップスを淡色、ボトムスを濃色の組み合わせで気痩せ効果。

スカート

  • お腹周りが気になる…ギャザータックが入っているスカート(下半身が目立たない)
  • 足を長く見せたい…タイトスカート+ペプラムトップス(脚長効果)
  • 柄物スカート+柄に使われている色の無地のトップス

捨てる服・残す服

捨てるか迷ったら、洋服を着て写真撮影。

客観的に見て判断しましょう。

残す服

  • 1着で3パターン着まわせる。
  • カジュアル、キレイめ、キレイめカジュアルなど、TPO別に着られる。
  • 1シーズンで何度も着られる。
  • 白のトップス。清潔感アップ。顔が明るく見せる。
  • 花柄ワンピース。おしゃれに見える万能アイテム。
  • トレンドに左右されないベーシックな服。
  • 冠婚葬祭など特別な服。
  • オーバーサイズのシャツ。大人女子にオススメ。気痩せ効果もあり。

捨てる服

  • イメージが合わない服。「また流行るかも」は禁句。
  • 1年以上着なかった服。
  • 流行が戻ったら着ると思っている服。
  • 買ってから、1度も着ていない服。
  • フリルやスパンコールのついたアイテム。
  • 同系色が5枚以上ある服は、お気に入り以外手放す。
  • 買ってから5年たつ服。5年を過ぎたアイテムは相手に違和感を与える

クローゼットの服

クローゼットスタイリストの本

金川文夫さんは、今まで1500以上のクローゼットを改造してきた、敏腕スタイリスト。

林智子さんは、クローゼット整理の達人。取得資格多数。

ヒルナンデスで多くのお宅のクローゼットを改造してきたお二人は、ヒルナンデス公式本も出版しています。

ファッションレンタルサービス

服はついつい増えてしまいますよね?

でも服は買わないで、レンタルするというのも手もあります。

airClosetは、月額制の、ファッションレンタルサービスです。

プロのスタイリストが、洋服をコーディネートして届けてくれます。

登録された好みのスタイルやお、気に入りのアイテムの情報から、スタイリストが1点1点アイテムを選んでくれるんです。

返すときはクリーニング不要。気に入れば買取可能。返却期限なし。

利用は、月1回(3着)のライトプランで、月額6800円。

借り放題なら、月額9800円。

自宅で受け取れるので、買い物に行く時間がない方にもオススメです。


以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらこちらもどうぞ。

2018年1月10日「ソレダメ!~アナタの常識は非常識~」 ベストセラー本から読み解く! 地曳いく子さん著「服を買うなら...
ヒルナンデスでは、「卒業スペシャル!水卜アナに教えたい!」をやっていました。 街の方々や、水卜アナに縁のある方、その道のスペシ...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする