横浜半日旅【ヒルナンデス×オズマガジン】八景島シーパラダイス&オービイ&野毛

横浜中華街門

2018年8月8日・8月15日放送ヒルナンデス

オズマガジンプロデュース 午後に出発する夏の横浜半日旅!

午後3時に中華街からスタート。

まずは、中華街で遅めのランチ。

さあ半日旅では、どんなところに行ったのでしょう?

この記事では、行ったお店やスポットをまとめています。

八景島シーパラダイスは、私も行ってみましたよ。

スポンサーリンク
レクタングル大

横浜半日旅【ヒルナンデス×オズマガジン】

錦里(きんり)

女性に人気の「豆花(トウファ)」と中国秘伝ショーにお店。

豆花は、中国の伝統料理。豆乳を柔らかくかん水で固めた、中国の豆腐です。

スイーツが知られていますが、店のおすすめは「桶豆花」1058円

豆腐にすでに味がついていて、フワフワで美味しい。

ネギピーナッツ、ねぎさんしょうだれなど、4種類の薬味がついています。

牛バラ肉のいろり鍋 1166円も人気。

お店オリジナルのピリ辛鍋です。

中国変面ショーは、中国の演劇で、顔のお面が早変わりします。

通常はPM0:30と、PM7:00に上演、食事しながら楽しめます。

オービイ横浜

国内最大級のスクリーンや、マウントケニアの極寒体験も。

みなとみらい駅直結。屋内なので、天候にかかわらず楽しめます。

今年4月リニューアルオープンのアニマルガーデンは、20種類の動物と触れ合えます。

アルマジロは一日18時間も眠るのですって。

カピバラにも触れますよ。毛並みは堅めで水はけ抜群。エサやり体験は200円

インコの中で最大級のルリコンゴインコは、自分の腕に止まってくれます。

アニマルスタジオでは、子どもに人気の小さな動物に触れ合えます。

ハリネズミに触る時は、手袋を貸してくれます。

公式サイト オービイ横浜

YOKOHAMA SORAIRO gelato

海岸通りのジェラート屋さん。

1年前、姉妹でオープン。

毎朝手作り、2種類のジェラートが選べます。

カップ・コーンは500円、ワッフルコーンは600円。

素材の味が、ジェラートで味わえます。

BLAUBERG an der KUSTE(ブラウベルグ アン ダー キュステ)

女子に人気の雑貨店で、お買い物。

昭和5年に建てられた、築85年のレトロビル。床も当時のままで、素敵な雰囲気です。

世界中のビンテージの洋服や雑貨が、100点以上揃います。

  • フランスのコックシャツ 17064円
  • 囚人服 18144円
  • 羊飼いのスモッグ 23544円

場所は、ジェラート屋さんのすぐ近くです。

横濱帆布鞄

横浜ブランドの帆布店。元倉庫。

帆布はテントやキャンバスにも使われる、丈夫な生地で、防水性抜群。

45年前のミシンでカバンにしています。

オリジナルのカバンは約30種類。

大きなバッグが人気です。

ロゴの「045」は横浜の市外局番。

オリジナルの綿シャツもあります。

1970年ブームのハマトラと、アロハシャツを意識しています。

八景島シーパラダイス

今年7月、開園25周年でリニューアル

夜6時からでも楽しめる!

アトラクションは夜8時まで。夜景も楽しめます。

700種類、12万点の生き物がいる、日本最大級の水族館。

レストランやショッピングモールもあります。

  • 青空クライミング ロックンロック 高さ6~10mのタワーを登る。靴のレンタルあり。
  • フォレストリウム コツメカワウソのえさやり体験あり。
  • イルカショー 映像×音楽とコラボ!プロジェクションマッピングとイルカのパフォーマンスが素敵。
  • 花火シンフォニア 午後8時半から花火を開催。

ナイトパス 大人・高校生3300円、小・中学生2200円、幼児1600円

野毛

若者・女性に人気の赤ちょうちん街。

約600の飲食店が並び、はしご酒にぴったり。

china bistro八寸

創業63年の中華街「状元楼」の姉妹店。

  • 「八寸」スペシャリテ小鉢盛り合わせ 1620円 1番人気。小鉢6品の盛り合わせ。
  • 四川風よだれ鶏 950円 八寸の名物。ジューシーで美味しい。
  • 三色小籠包盛り合わせ 680円 ゆずこしょう、オマールエビ、普通の盛り合わせ。オマールエビは、横浜中華街の天津コンテストで金賞受賞。

AFRO TACOS

去年オープンのメキシカン。

旬のフルーツを使ったカクテルがオススメ。

インスタ映え間違いなし。ノンアルコールにも対応してくれます。

一口サイズのタコスも人気。お店で手作りしています。

シーパラ行ってみました

新しくなったという、八景島シーパラダイス。

早速行ってみました。

五感超刺激島、新・シーパラというのぼりがお出迎え。

楽園ナイトパス

八景島自体は入園無料。

16時から遊べる楽園ナイトパスを利用しました。

楽園ナイトパスでも、青空クライミングか、デッ海のどちらか使える1回チケット付があります。

当日券で3600円ですが、私は前売りを買っていきました。

前日までに買うWEB前売り券なら、大人3100円なので、お得ですよ。

ロックンロック

早速、青空クライミング ロックンロックに行ってみます。

高さの違う3種類の壁を登れるようになっています。

1回15分、800円

ナイトパスなどのパスを持っていれば、1回400円で上れます。

しかし、あまりの高さにビビって、断念…。

ゴメンナサイ、隣の立体迷路に行きました💦

デッ海

ロックンロックの隣が、立体迷路「デッ海」

アドベンチャーコース、ミステリーコース、ファンタジーコースが選べます。

初心者向けのファンタジーコースに行きました。

木の立体迷路をすすみながら、5か所のポイントで冒険の書にスタンプを押し、屋上のゴールを目指します。

20分位、かかったかな?

屋上には鐘と、フォトスポットがありました。

アクアミュージアム

迷路の後は、八景島のメイン水族館へ。

ココに来たら、イワシの大水槽を外せません。

イワシは水槽の中でも、群れで泳ぎます。

フォレストリウムにつく頃には、暗くなってきちゃいました。

夜でも、動物たちを見ることができます。

森のこみちでは、かなりの至近距離で動物たちを見ることができます。

この子はマーラ。人間が近づいても、全然動じません。

コツメカワウソは大人気。

ネットの通り道を鳴きながら通るのを、下から見ることができます。

海の動物たちのショー「The Color of Love」

愛の色をテーマに展開する、幻想的なナイトショー。

青、赤、黄色、彩の世界を、壁一面のプロジェクションマッピングと、イルカの演技で表現します。

昼間は、イルカのジャンプなどのショーをやっていて、これは夜限定1回だけショーです。

昼間のショーとは違う雰囲気でした。

花火シンフォニア

毎年夏には、花火をやっています。

8時半から10分位。

八景島は入園無料なので、花火だけを見に来る人もいます。

私は立ち見しましたが、座れる有料席もありましたよ。

私が行った日は、アトラクションは9時まで、水族館は9時半まで利用することができました。

夕方からなので、涼しくてよかったです。

でも次に行く時は、明るい時間にフォレストリウムに着きたいかなあ。

コツメカワウソが可愛かったので、次は明るいところで見てみたいな。

よかったらこちらもどうぞ。

ヒルナンデス×オズマガジンはこちらへ。

ヒルナンデス、鎌倉半日旅オズマガジンプロデュース、土鍋ランチに仕掛け絵本

モヤさまの横浜ぶらりはこちらへ。

モヤモヤさまぁ~ず2、横浜しょうゆきゃふぇ生プリンに洋食キムラハンバーグ

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする