ジョブチューン ブロッコリーレシピ!動脈硬化・認知症予防【冬の食べ合わせ】

2018年11月24日放送。

冬が旬の食材・最強の食べ合わせ。

ブロッコリーで動脈硬化・認知症予防。

最強の食べ合わせと、栄養を損なわない簡単レシピ。

健康のプロ「医者」と、栄養のプロ「管理栄養士」が教えてくれました。

・動脈硬化予防の「ブロッコリーの大根おろしあえ」

・認知症予防に「ブロッコリーと牡蠣のみそクリームスープ」

スポンサーリンク
レクタングル大




ブロッコリーで動脈硬化予防

ブロッコリーは野菜の王様。今が旬。

動脈硬化と認知症予防に効果あり。

動脈硬化は、加齢などで血管が硬くなったり、悪玉コレステロールがたまり血管が狭くなる病気。

心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。

ブロッコリー×大根

この組み合わせで、スルフォラファンという成分が生まれます。悪玉コレステロールが溜まるのを防ぎます。

スルフォラファンを生み出す大根の成分は熱に弱いので、煮たりせず生で使います。

ブロッコリーの大根おろしあえ

2人前 材料

ブロッコリー 1個

大根おろし 大さじ3

ポン酢 大さじ2

作り方

1、ブロッコリーを600Wの電子レンジで1分半加熱。

2、大根おろしとポン酢を合わせる。

ブロッコリーで認知症予防

葉酸×ビタミンB12

ブロッコリーには、葉酸が含まれます。

葉酸は、脳の血管を傷つけるホモシステインを減らします。

葉酸とビタミンB12の組み合わせで、さらに効果が高まり、認知症を予防します。

ブロッコリーと牡蠣のみそクリームスープ

牡蠣はビタミンB12が豊富。最強の食べ合わせ。

2人前 材料

ブロッコリー 1/2個

牡蠣 6個

オリーブオイル 大さじ1

にんにく 1/2片

玉ねぎ 1/4個

薄力粉 大さじ1

牛乳 400㎖

味噌 小さじ1

塩コショウ

粉チーズ

作り方

1、みじん切りのにんにくと玉ねぎを炒める。

2、薄力粉をまぶした牡蠣も入れてオリーブオイルで炒める。

3、少しずつ牛乳を入れ、味噌を溶かす。

4、塩コショウで味を整える。

5、粉チーズと、電子レンジで加熱したブロッコリーを入れる。

葉酸とビタミンB12は水に溶けるので、スープは残さず食べること。

作ってみました

「ブロッコリーの大根おろしあえ」を作ってみました。

ブロッコリーは、600Wの電子レンジで1分半加熱。

お湯を沸かして茹でるより楽ですね。

あとは、大根おろしとポン酢を合わせるだけ。

大根おろしとポン酢で、さっぱりいただけます。

いつも茹でたブロッコリーをマヨネーズで食べるばかりでしたが、この食べ方はいいですね。

また作ります。

よかったらこちらもどうぞ。

ジョブチューン鮭の食べ合わせレシピ!白内障・高血圧予防にキウイマリネ

ジョブチューン豚肉の食べ合わせレシピ!肩こり・疲労回復に



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする