世界一受けたい授業【乳酸菌・ビフィズス菌の選び方】お悩み別に専門家が解説!

ヨーグルト

2022年6月18日

世界一受けたい授業

睡眠の質を高めたい!内臓脂肪を減らしたい!

お悩み別!乳酸菌・ビフィズス菌の選び方を、研究歴40年の専門家・齋藤忠夫先生が解説してくれます。

スポンサーリンク
レクタングル大

世界一受けたい授業 乳酸菌・ビフィズス菌の選び方

腸内環境

乳酸菌は、1857年発見。植物や動物など自然界に広く存在。約400種類

ビフィズス菌は、1899年発見。母乳で育つ乳児の腸管から発見。約90種類。

どちらも、腸内細菌のグループの一つ。

腸内細菌は、1000種類以上、約60兆個、重さ1~2㎏もあります。

腸内フローラの割合は、

  • 2割 善玉菌 乳酸菌・ビフィズス菌など
  • 1割 悪玉菌 大腸菌・ウェルシュ菌など
  • 7割 日和見菌 バクテロイデス・大腸菌(無毒株)連鎖球菌など

お悩み別、乳酸菌・ビフィズス菌の選び方

免疫機能維持「プラズマ乳酸菌」

乳酸菌 L.ラクティス プラズマは、健康な人の免疫機能維持に役立つ乳酸菌。

とるタイミングは、夕食後。

腸のゴールデンタイムは、起床から15~19時間後、腸の細胞が修復。

朝7時起きると、夜10時~深夜2時までがゴールデンタイム。

食べてから乳酸菌が腸に届くのに4時間かかるので、夕食後がオススメ。

整腸作用「ビフィズス菌 BB-12」

ビフィズス菌は整腸作用があります。

酢酸という悪玉菌をやっつけ、腸内のバランスを整えます。

酸に弱いビフィズス菌の中で、BB-12は酸に強く、腸まで届きやすいもの。

認知機能「ビフィズス菌MCC1274」

記憶力、空間認識力を維持。

認知機能を維持するのは、ビフィズス菌では初。

歯周病「L8020乳酸菌」

歯周病ケアに。口腔内環境を良好に保ちます。

2008年、歯周病・虫歯になったことのない子供の口から発見。

ヨーグルトやダブレットがあります。

美肌「ラブレ菌」

肌の潤いをサポート。

京都の漬物「すぐき漬け」から発見した乳酸菌。

腸内環境を改善、お通じ改善し、肌の潤いも守ります。

内蔵脂肪「ガセリ菌SP株」

食事と一緒の摂取すると、内臓脂肪を減らす効果が期待できます。

もともと人間の腸管から発見されたものなので、腸内で長くとどまります。

尿酸値「PA-3乳酸菌」

食後の尿酸値の上昇を抑制に。

プリン体を分解し尿酸値の上昇を抑えるので、通風予防に。

睡眠「ヤクルト1000」

乳酸菌シロタ株が、脳の交感神経の高まりを抑制。

ストレスをやわらげ、睡眠の質が向上。

高嶋ちさ子さんは、飲んで睡眠が良くなったそうですよ。

食べるタイミング&期間

目的で食べるタイミングが変わります。

  • カルシウムをとるため=空腹時
  • 乳酸菌・ビフィズス菌をとりたい=食後
  • 睡眠をよくしたい=朝(夜までに睡眠ホルモン・メラトニン・セロトニンが生成)

ヨーグルトを食べる期間は2週間。腸の様子が良くなるか確認できるかが大事。

まとめ

世界一受けたい授業

お悩み別!乳酸菌・ビフィズス菌の選び方

菌を多くとるためには、脂肪の少ない食品と食べる方がよいそうです。

また、肌にいい、免疫にいいなど、違った種類のヨーグルトを同時に食べてもOK。

参考にしてください。

教えてくれた齋藤忠夫先生は、東北大学大学院農学研究科教授。農学博士。

ミルク科学、畜産食品科学、応用微生物学が専門です。

世界一受けたい授業では、以前、チーズの科学の授業に出演。

著書に「チーズの科学 ミルクの力、発酵・熟成の神秘」があります。

世界一受けたい授業は、日テレで毎週土曜日夜放送。
古今東西の有名講師が登場し「使える学問」を講義。目からウロコの授業を受けられる学校です。
見逃した方は、Huluで配信されていますので、ぜひチェックしてみてください。

よかったらこちらもどうぞ。

2021年3月9日 林修の今でしょ!講座 ヨーグルトを医学で斬って徹底解明 明治、森永乳業、雪印メグミルク、グリコ、ポッカサッポ...
2021年9月4日 世界一受けたい授業 DIY発酵食品ベスト5 一晩で作れるDIY発酵食品には、便秘解消・肥満予防・美肌効果あり...

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする