世界一受けたい授業、長生きみそ汁第3弾!スペシャル味噌アレンジ&みそカルボナーラレシピ

みそ汁イラスト

2019年9月7日

体が整う、長生き味噌汁!

シミしわの原因である活性酸素を撃退していくれるので、美肌効果も期待できます。

スペシャル味噌のみそ玉を作っておけば、いつでもすぐに長生きみそ汁を飲むことができます。

今回は、林家三平さん48歳が、13日間毎日味噌汁を飲む生活に挑戦!

順天堂大学医学部教授 小林弘幸先生の授業です。

スポンサーリンク
レクタングル大

スペシャル味噌

4つの材料をよく混ぜて、製氷皿に入れて凍らせます。製氷機1個分が1食分。

・赤味噌(抗酸化作用) 80g

・白味噌(ストレス軽減) 80g

・すりおろした玉ねぎ(腸内環境を整える) 150g

・リンゴ酢(疲労回復効果) 大さじ1

これが「長生きみそ汁」の素になります。

長生きみそ汁生活

1日目 枝豆とトマトの味噌汁

貧血予防。

枝豆の鉄分を吸収するには、ビタミンCをとると良い。

ミニトマトの方が、ビタミンCが多いのでおすすめ。

  1. 水と生姜を入れてひと煮立ち。
  2. ミニトマトと枝豆に火を通す
  3. スペシャル味噌を溶かす

2日目 小松菜とかきたまの味噌汁

貧血予防

小松は鉄分豊富。卵など動物性たんぱく質と一緒にとると吸収力アップ。

3日目 キャベツと桜海老の味噌汁

簡単に作れて、桜海老の香りがいい。

4日目 長芋と梅干しの味噌汁

梅干しは酸っぱい成分のクエン酸が豊富。

胃腸の働きを良くして、消化吸収を助けます。

  1. 長芋を2分加熱。
  2. スペシャル味噌を加える。
  3. ちぎった梅干しを加える

5日目 らっきょうと豚肉の味噌汁

豚肉は疲労回復のビタミンB1が豊富。

らっきょうのアリシンは、ビタミンB1の吸収を促します。

6日目 豆腐とキムチの冷汁風

キムチで腸内環境を整えます。

  1. 水に、キムチ、塩揉みしたキュウリを入れる。
  2. スペシャル味噌を混ぜる。
  3. 豆腐を入れた器に入れる。

7日目 みそカルボナーラ

  1. ベーコンとスペシャル味噌を、電子レンジ600Wで30秒加熱。
  2. ボールで溶き卵、生クリーム、粉チーズ、粗挽きコショウ、1を混ぜる。
  3. 茹で上がったパスタを入れる。

8日目 豚そぼろとカボチャの味噌汁

かぼちゃは抗酸化作用が強いβカロテンが豊富。

肌のシミしわを防ぎます。

9日目 サバ缶とたけのこの味噌汁

鯖缶はDHAが豊富。

脳を活性化し、記憶力を高めます。

10日目 ゴーヤとパプリカのスパイス味噌汁

ゴーヤに含まれるモモルデシンは、食欲増進効果あり。胃腸保護の効果もあります。

  1. パプリカ、ゴーヤに火を通す。
  2. オリゴ糖、カレー粉、スペシャル味噌加える。

11日目 スイカの白皮と豆腐の味噌汁

捨ててしまいがちなスイカの白皮には、血管を広げるサポートをするシトルリンが含まれます。美肌効果も期待。

  1. スイカの白皮と豆腐に火を通す。
  2. すりごま、スペシャル味噌を入れて混ぜる。
  3. 最後に千切りのミョウガを添える

12日目 アーモンドミルクの味噌汁

アーモンドミルクは血行を良くするビタミンEが豊富。

  1. 鶏もも肉を炒める。
  2. アーモンドミルクを入れ、弱火で3~4分加熱。
  3. パプリカ、スペシャル味噌を加える。

13日目 黒酢入り味噌汁

黒酢は大腸の働きを活発にし、アミノ酸が疲労回復に役立ちます。

  1. まいたけともずくを加熱。
  2. スペシャル味噌を溶かす。
  3. 最後に黒酢を入れる。

医者が考案した長生きみそ汁

林家三平さんは、13日間飲み続けた結果、血流がよくなり、疲労改善。

ストレスの原因となる自律神経のバランスも整いました。

小林先生の長生きみそ汁の本はこちらです。

楽天市場で探す

Amazonで探す

よかったらこちらもどうぞ。

2018年12月15日放送。 長生きしたければ、味噌汁を飲め! 味噌汁を飲む頻度が高い人ほど、胃がんの死亡率が低下。乳がんの発症...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告