世界一受けたい授業 スタンフォード式最高の睡眠!睡眠の質を上げる方法とは?

眠る女性のイラスト

2019年6月29日。

しっかり睡眠をとれていますか?

スタンフォード式の最高の睡眠が紹介されました。

トマトを夜食べると睡眠の質が良くなると言います。

最高の睡眠をとるためには、体温を下げることが重要。

カリウムや水分が多いトマトは、体温を下げるので効果的です。

ベストセラー「スタンフォード式最高の睡眠」

スタンフォード大学教授西野精治先生の授業です。

スポンサーリンク
レクタングル大

スタンフォード式睡眠の質を上げる方法

始めの90分が大事

最高の睡眠に最も重要なのは、眠り始めの90分。

その90分の質を上げ、より深い眠りにする事。

睡眠には深い眠りのノンレム睡眠、浅い眠りのレム睡眠があります。

レム睡眠はまぶたを閉じていても、脳が起きている状態。

ノンレム睡眠は脳が休んでいる状態。

最初の90分を深い眠りにすると良いこと

  • 自律神経を整える→体調がよくなる
  • 成長ホルモンの分泌→細胞の成長、新陳代謝促進、美肌効果
  • 脳のコンデションがよくなる

深い眠りにする方法

寝る90分前に入浴

就寝90分前に、40度のお湯に15分入浴すると体温が下がります。

就寝前に脳を退屈な状態にすること。

読書はドキドキするミステリーはNG。スマートフォンは就寝1時間前から見ない事。

靴下を履いて寝ない。

体温が下がる時は手足から熱が逃げるので、靴下を履くと熱が逃げません。

冷え性の女性は、寝る前まで靴下を履いて、寝る直前に脱ぐと良いでしょう。

朝の習慣

朝の目覚ましは2つの時間をセット

浅い眠り(レム睡眠)で起床すると、良質な目覚めが得られます。

朝方になると20分でレム睡眠に切り替わります。

7時に起きる場合、6時40分と7時にアラームをセット。

6時40分の時に浅い眠りのレム睡眠だったら、スッキリ起きられます。

6時40分が深い眠りのノンレム睡眠で起床できなくても、20分後の7時はレム睡眠に切り替わっていることが多いので、スッキリ目覚められます。

毎朝みそ汁を飲む

夜寝るころ、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が高まります。

朝、温かいみそ汁を飲むと、体温が上昇、日中の活動意欲が高まり、夜の睡眠にも効果的。

朝は激しい運動はしない

朝の運動で体温が上がり、その後体温が下がります。

リズムが狂い、昼間眠くて、夜眠れなくなります。

理想的な運動量は、散歩、速歩ウォーキング。

スタンフォード式最高の睡眠

よかったらこちらもどうぞ。

2018年11月7日放送。 ~秋バテ防止!疲れない体をつくる2時間SP~ ベストセラーを読み解く! スタンフォード大学アス...
2018年3月31日放送。 新生活、明日から変われる12の事SP 1位 新生活の不安 2位 筋力アップ 3位 洗濯 ...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告