世界一受けたい授業「わけあって絶滅しました」丸山貴史が絶滅生物を紹介!

マンモスイラスト

2019年6月29日

わけあって絶滅しました第2弾!

体が大きすぎて絶滅した巨大ヘビ。

マンモスのお尻には体温を逃さないための秘密が。

49万部突破「わけあって絶滅しました」の著者丸山先生の授業です。

スポンサーリンク
レクタングル大

わけあって絶滅した生物

ダンクルオステウス

太古の昔、海の最強の生き物。

10mほどの体長に、硬い鎧のような頭が特徴。

樹木の枯れ葉を栄養に、水中にプランクトンが大量発生。

プランクトンが水中の酸素を使い果たし、ダンクルオステウスは窒息死で絶滅しました。

プラティベロドン

1500万年前のゾウの仲間。

下あごが長くなり、水草などを食べることができました。

しかし下あごが重すぎて、食事に疲れて絶滅。

水中の水草を食べるのは浮力があってよかったのですが、地上が乾燥し樹木の皮などを食べるようになると、疲れて絶滅…。

ファソラスクス

2億3000万年前の、南米の巨大爬虫類。

地球環境の乾燥化で水分が減少。

おしっこを減らすことができず、体内の水分は不足状態に。

おしっこのし過ぎで絶滅しました。

ティラノサウルス

映画「ジェラシックパーク」でもお馴染み。

約6500年前の、史上最大級の肉食恐竜。

ティラノ=暴れん坊。

大きな後ろ脚に比べて、前脚が小さい。

小さく屈んだ状態から立ち上がる時に、前脚で支えて立ち上がったと思われます。

ステラーカイギュウ

251年前。

ジュゴンの3倍もある巨大生物。体長約8m。

仲間意識が強すぎて絶滅。

仲間が人間に攻撃されていると、助けるためにみんな集まります。

そして人間は、集まったステラーカイギュウを一網打尽に‥‥。

発見から27年で絶滅させました。

ティタノボア

6000万年前、南米コロンビアに生息。

史上最大のヘビ。全長約13m。

大型化し過ぎて、体温調節ができずに絶滅。

ケナガマンモス

体長約5m

体温を逃がさないために、肛門のフタをします。

尻尾の上げ下げで肛門にフタができたのです。

しかし、大雪のため食糧不足で絶滅しました。

わけあって絶滅しました

『ざんねんないきもの事典シリーズ』を手掛けた今泉忠明監修、丸山貴史著。
絶滅した生き物たちが、自ら絶滅理由を語る、いちばん楽しい絶滅の本。
・やさしすぎたステラーカイギュウ
・隕石が落ちたティラノサウルス
・アゴが重すぎたプラティペロドン

好評のため、第2弾も発売!

  • 頭が引っかかって絶滅したディプロカウルス
  • 息苦しくて絶滅したリストロサウルス
  • おしっこのしすぎで絶滅したファソラスクス

絶滅動物にくわえ「わけあって繁栄した」動物たちも登場します。

よかったらこちらもどうぞ。

2019年5月11日。 「ざんねんないきもの事典」は累計290万部突破の児童書。 全シリーズ監修した動物学者・今泉忠明先...
2018年4月14日放送。 世界最古の残念な生き物? 恐竜の驚きの新常識 北海道大学総合博物館 小林快次先生に教わります。 ...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告