世界一受けたい授業 ざんねんないきもの第4弾ナマケモノは雨で死ぬ⁉

2019年5月11日。

「ざんねんないきもの事典」は累計290万部突破の児童書。

全シリーズ監修した動物学者・今泉忠明先生の授業です。

かわいいけれど、ちょっぴり残念な動物の生態を教えてくれました。

スポンサーリンク
レクタングル大

もっとあった!残念な生き物

サーバル

耳が良すぎて風が強いと狩りができない。風の音で獲物の居場所が分からなくなるのです。

コアラ

1日20時間寝ます。

コアラがいつも寝ているのは、ユーカリの猛毒を消化するため。

青酸やタンニンなどの解毒にエネルギーを使うので、なるべく体を動かさないで過ごします。

オオハム

水へ中心の暮らしですが、陸上はうまく歩けません。

メガネザル

目玉が大きすぎるので、自由に動かせません。

たくさんの光を集められ、夜でも獲物を捕らえることができます。

狩りの時目を傷つけないために、目を閉じてしまいます。

目を閉じてカンで狩りをするのです。

ドングリキツツキ

気に穴を開けて、ドングリを埋めます。

お腹を空かせたリスに盗んで食べられてしまいます。

ナマケモノ

雨が降る続けると、死んでしまいます。

体が冷えて体温が下がり、食べ物が消化されません。

7日も続くと死んでしまいます。

キンカジュー

中南米の生息するアライグマの仲間。

花の蜜をなめるため、舌が長くなりました。

リラックスするとその長い舌が出てしまいます。可愛いけれどちょっとだらしない…。

オランウータン

強いオスほど顔が大きくなります。

争いに勝つと男性ホルモンが活発にでて、その影響で顔周りにフランジがつきます。

顔が大きい方がメスにモテるそうですよ。

ざんねんないきもの事典

よかったらこちらもどうぞ。

世界一受けたい授業、ざんねんないきもの事典3、一番残念な生き物は?

世界一受けたい授業 ざんねんないきものトップ10 1位はサバンナモンキー

世界一受けたい授業、ざんねんないきものトップ10、1位はデンキウナギ



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告