世界一受けたい授業 熱中症対策!熱中症チェック&芸能人の体験談を紹介

太陽と汗を拭く人

夏に危険なのが熱中症

世界一受けたい授業で、熱中症のエキスパート・横浜国立大学教授・田中英登先生が対策を教えてくれました。

芸能人の熱中症体験からわかる対策や、熱中症チェック、応急処置をまとめています。

また「教えてもらう前と後」で話題になった、熱中症対策の塩パイナップル・うめはち麦茶も紹介しています。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
レクタングル大

世界一受けたい授業 熱中症対策

芸能人の体験から見る熱中症の危険

飲酒に注意

チョコプラ松尾さんの体験。

バーベキューで水分を取っていたはずなのに、帰宅後倒れてしまいました。

原因はお酒ばかり飲んでいたから。

お酒は利尿作用で、脱水になりやすいので注意。

スポーツ中の水分不足

元読売テレビアナウンサー・川田裕美さんの体験

フルマラソンに参加した際、4時間57分02秒でゴール。

しかしゴール後は自分で歩けず、救護室まで連れて行ってももらいました。

途中のトイレを嫌がって水分を取らず熱中症に…。

水分補給は欠かせません。

子育てママは気をつけて

福田萌さんの体験

帰省の際、熱中症になりました。

急に寒気がして、頭がガンと殴られたように痛くなったそうです。

旅行中、育児に集中し過ぎて熱中症になった例です。

子どもに帽子をかぶせ、水分を取らせ、汗を拭き…と世話をしているうちに、自分もやった気になってしまったケース。

母親が子供と精神的に一体感を持つ、同一視現象です。

育児中の方は、自分もしっかり対策しましょう。

塩分もとりましょう

ルー大柴さんの体験

世界一暑い国と言われる、アフリカ北東部ジブチ共和国で、熱中症になりました。

気温48度、室内でも水分補給していましたが、頭がクラクラして熱中症に。

高血圧を気にして、塩分を控えていたのが原因。

水分だけでなく、塩分も取りましょう。

熱中症チェック

経口補水液を飲んで確認できます。

塩分があるので、しょっぱいと感じるなら大丈夫。

甘いと感じたり、味がしない場合、脱水や塩分不足が疑われます。

熱中症の応急処置

  1. 発見した際、まず相手に大きな声で呼びかけ、応答がなければ救急車を呼ぶ。
  2. タオルを水に濡らして体に当て、体を冷やす。
  3. 水分補給の方法は、自分で飲ませる。無理に飲ませると窒息の危険があるため。

熱中症対策

日傘をさす

日傘も熱中症対策になります。

最近は、日傘男子という言葉もあるので、男性も日傘をさしましょう。

服はポリエステルがおすすめ

熱中症のリスクを下げる服は、綿よりもポリエステル。

綿は汗を吸収しやすく、ポリエステルは汗の蒸発が早く熱を逃がします。

夏でもお風呂につかる

夏の入浴は、短時間のシャワーよりも、湯船につかることが有効。

入浴して、普段から汗をかくと、熱中症の予防になります。

ただし、入浴前に水分補給しておきましょう。

まとめ

世界一受けたい授業

熱中症のエキスパート・横浜国立大学教授・田中英登先生の授業。

暑い夏は、熱中症に気をつけたいですね。

気をつけるのは外出中だけではありません。

実は熱中症の発生場所は、40%が住居。

特にキッチンはエアコンがきいていても、熱くなるので注意しましょう。

また、太っている人の方が痩せている人より、熱中症になりやすいので要注意だそうですよ。

教えてもらう前と後」では、脱水・熱中症予防におすすめとして、塩パイナップルと、麦茶が紹介されていました。

塩パイナップル
水分、カリウム、マグネシウムが含まれるパイナップル。
ナトリウムは含まれないので、塩をふってナトリウムをプラス。
外出時は、冷凍パイナップルを持参し、塩をかけて食べるのがおすすめ。
麦茶を飲むと、水より体温が下がります。
利尿作用のあるカフェインが含まれていないので、脱水も防ぎます。
塩を加えるとより熱中症対策におすすめ。麦茶1ℓに、塩1~2gが適量
うめはち麦茶(麦茶+梅干+蜂蜜)
麦茶に足りない塩分を梅干しが補い、クエン酸で疲労回復。
ハチミツは足りないビタミンを補給。
1、梅干しをハチミツにつけておく
2、常温で3日ほど置く
3、コップに梅干し1つ、つけたはちみつを大さじ1杯入れて、麦茶を注ぐ
4、梅干しを崩して飲む

暑い夏に飲むべき飲み物は?

よかったらこちらもどうぞ。

2019年6月18日。 コーヒーVS緑茶! 夏に危険な5代病気&症状【脳卒中・夏太り・肌ダメージ・夏かぜ・熱中症】 ...

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする