林修の今でしょ講座 コーヒーVS緑茶、夏飲むのはどっち?肥満・肌・熱中症

コーヒーとスプーン

2019年6月18日。

コーヒーVS緑茶!

夏に危険な5代病気&症状【脳卒中・夏太り・肌ダメージ・夏かぜ・熱中症】

コーヒーと緑茶のどちらがいいのか?

飲むタイミングは?

講座の内容をお伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル大

脳卒中にはコーヒー

毎日1杯コーヒーを飲めば、脳卒中のリスクが約20%減。

(緑茶は1日4杯以上で、脳卒中リスクが20%減)

汗をかくと水分が減り血流が悪くなり、脳卒中のリスクが増えます。

コーヒーのカフェインが、血管を拡げ血流を良くします。

血液中の脂質などの代謝を促進し、血管が詰まるのを防ぎます。

ただし1度に多くのカフェインをとると、血管を収縮させる作用があります。

心疾患、脳血管疾患の死亡リスクを下げるのは、1日3~4杯がベスト。

5杯以上は飲み過ぎです。

飲むタイミングは食前。

食前にコーヒーを飲むと、糖の吸収を抑えます。

食事に含まれる糖や脂質は、胃や腸から血管に吸収。

量が多すぎると、血糖値を上昇させ、血管にダメージを与えます。

カフェインは、胃や腸で糖質や脂質が吸収されるのを防ぎます。

夏太りにはコーヒー

1日3杯で脂肪燃焼量が約2倍になるのは、コーヒー。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸が、糖質の吸収を抑え、脂質の代謝を促進します。

またカフェインが、リパーゼ(脂肪分解酵素)を活発にします。

そのWの効果で、より痩せやすい!

運動前に飲むと効果的

飲んだ後30分後から効き始めて、3時間後にピーク。

肌のダメージには緑茶

緑茶を飲めば、紫外線のダメージが約25%減る(ドイツの研究)。

シミ・しわの原因の一つは紫外線による活性酸素。

緑茶のカテキンが活性酸素を除去。

カテキンはポリフェノールの一つ。紫外線から身を守る成分です。

緑茶にはビタミンCも含まれます。緑茶3杯=レモン約1個分。

飲むタイミングは、外出前

夏かぜ予防には緑茶

夏は、熱い外と寒い室内の寒暖差で、免疫力が低下します。

緑茶のカテキンが、ウイルスに付着。粘膜への付着を防ぎます。

緑茶は通常70~80℃で淹れますが、水出しがおすすめ。

免疫細胞を活性化するには冷たい水で。量は500㏄でOK。

コーヒーのカフェインは気管支を広げる作用があるので、咳止めの効果があります。

熱中症には緑茶

カテキンを飲めば、体温の上昇が抑えられるという最新研究が発表されました。

でも1番良いのは麦茶。

麦茶は利尿作用があるカフェインがなく、ミネラル豊富。

よかったらこちらもどうぞ。

2019年5月21日。 今でしょブロッコリーテスト! ブロッコリーを含むアブラナ科の野菜を食べるほど、全死亡リスクが減少...
2019年2月19日。 最近売り上げが急増している、注目食品アボカド。 安くて手軽なのに、健康パワーが詰まった食材。 ギネ...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告