世界一受けたい授業「大家さんと僕」矢部太郎の人との付き合い方

2018年7月28日放送。

カラテカ・矢部太郎さんの特別授業。

コミックエッセイ「大家さんと僕」で、手塚治虫文化賞短編賞を受賞。

芸人として初の快挙です。

スポンサーリンク
レクタングル大




大家さんとのエピソード

矢部さんの住まいは、1軒屋の2階。

1階には高齢の大家さんが住んでいます。

「ごきげんよう」とあいさつする上品な女性です。

大家さんのおせっかい

仕事を終え帰宅し部屋の電気をつけると「おかえりなさい」と言われたり、洗濯物を畳まれていたり、最初は大家さんをおせっかいと思っていました。

実は大家さんのやっていることは、全て相手のことを考えてのこと。

そこに気づいてから、矢部さんにも変化が起きたそうです。

おせっかいな気持ちが広がれば、虐待や孤独死などもなくなるかもしれません。

漫画を描こうとしたきっかけ

大家さんが87歳の時、初恋の思い出を聞きました。

「87歳の夏は今しかないのですものね」と言う大家さん。

87歳でも新しい恋をしようとする大家さんを見て、40歳の僕が新しいことに挑戦しない理由はないと、マンガを描こうと思ったそうです。

人との上手な付き合い方

人の嫌なことが目に付く時は?

日々の交流で大家さんの事を知るようになり、受け入れることができるようになります。

コミュニケーションが大事ですね。

矢部さんは、静かに台本を読んでいる時に、下の大家さんがテレビを見ている音が聞こえてきたら、自分も同じ番組を見るのだそうです。

ちょっと嫌な相手の事も、楽しめるようになるといいですね。

人間にとって一番嬉しいことは?

必要とされることが、1番嬉しい。

大家さんは自分を必要としてくれたそう。新しい電話の使い方や庭の草取りなど、やれることはしたそうです。

一緒に鹿児島旅行まで行きました。

大家さんにとって、矢部さんは家族に近い存在なのですね。

気を張らずに付き合える

大家さんがサプライズで、誕生日をお祝いしてくれました。

ケーキではなく、おはぎに仏壇用のロウソク。

次の年のお祝いは、さくらんぼのパックにロウソクが刺さっていたそうです。

自分の行動や発言が、相手がどう思うか気にしない大家さんのおかげで、矢部さんも気を張らずに付き合えるそうです。

矢部太郎さん

お笑いコンビ・カラテカのボケ担当。

個人的には、2004年の大河ドラマ「新選組」で、やたらひ弱な壬生浪士役で出演していたのが印象的。

2007年には、気象予報士の資格を取得。

お笑い、俳優、気象予報士に漫画家と、マルチな才能を発揮しています。

大家さんと僕

大家さんとの日常を、ほのぼのしたタッチで描いたコミックエッセイ。

話題を呼び、既に55万部を超えるベストセラーになっています。


大家さんと僕 [ 矢部 太郎 ]

楽天市場で探す

Amazonで探す

やべみつのりさん

調べてみると、父親は絵本作家・やべみつのりさんでした。

杉浦宏脚本の紙芝居で、第34回高橋五山賞奨励賞を受賞しています。

絵が上手なのは、お父様譲りなのですね。

かばさん


【100円クーポン配布中!】とばしっこ/ときわひろみ/やべみつのり

読んでみました

ずっと話題になっているのは知っていて、気になっていたこの本。

買ったので、読んでみました。

大家さんは「ごきげんよう」があいさつ。

タクシーで伊勢丹に乗り付けて、お買い物する優雅な方。

そして、いつもマイペースで、ちょっとお節介。

今時の人からしたら、相当メンドクサイ大家さんなのでしょうけど、矢部さんがだんだん大家さんに魅了されていく様子が面白いです。

ある日、矢部さんが夜帰宅すると、1階に電気がついておらず、夕刊もポストに入ったまま。

矢部さんは、心配しぎて夜も眠れません。

翌日、不動産屋さんと中に入ろうとします。

なかなか、ここまで大家さんを心配してくれる人はいませんよね。

ところが、家には入ろうとしたところで、大家さんが帰宅。

昨日お友達と盛り上がって、そのまま京王プラザホテルに泊まったとのこと。

周りの心配をよそに、やっぱり大家さんはマイペース。

その時の矢部さんのつぶやきは「それは僕が知る限り最高齢の朝帰りでした」

ほのぼのした絵と、お茶目な大家さんと、矢部さんのつぶやきが、とっても和みます。

疲れた時にオススメの一冊です。



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする