秘密のケンミンSHOW、北海道文化に驚き!端午の節句のべこ餅って?

2018年3月8日放送。

北海道限定SP、後編。

蝦夷地から北海道と命名された150年!

北海道の驚きの文化を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大




節分に落花生

大豆を炒った入り豆をまくものだが、北海道は落花生をまきます。

殻のまままくので、落ちても食べられます。

節分の季節は、スーパーに落花生が並びます。

端午の節句にべこ餅

一般的に柏餅を食べますが、北海道はべこ餅を食べます。

白の茶色のツートンカラーで、中身は入っていません。

もち米と黒砂糖で作られてた和菓子で、すあまのよう。木の葉型が特徴です。

七夕に柳

一般的に短冊を飾るのは笹ですが、北海道は柳に飾ります。

なんででしょうね?

お通夜で集合写真

お通夜お葬式で集合写真を撮るのが普通。

7割位の方は撮るそうです。

北海道は広くて身内も転々としているので、葬儀に誰が来たのが記録に残すため写真をとるとか。

ちなみに、結婚式はお祝儀ではなく、会費制ですって。

百人一首は木札

百人一首の札は紙が一般的ですが、北海道は木札。

将棋の駒のよう。

下の句を読んで下の句を取るのがルール。

重箱などで使われる朴の木でできたもので、北海道にやってきた会津藩士が遊び始めたのは始まりとされています。

実際に百人一首教室の様子を見せてもらいましたが、雄たけびとともに、相手を威嚇してました。

す、すごいなあ。

べこ餅はコレ


べこ餅 (べっこう餅) 黒糖 べこもち 子どもの日


【小樽 野島製菓】べこ餅黒糖 12個入り

板かるたはコレ


在庫あり!!【送料無料】百人一首 板かるた 寛政十二年創業のかるたの老舗が造る一風変わった百人一首 新年 新春 遊び 札遊び お正月



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする