ケンミンショー てこね寿司は三重県伊勢志摩名物!お店&作り方を紹介

てこね寿司

2019年6月20日

三重・伊勢志摩地方のハレの日に食べたい名物ごちそう「てこね寿司」登場

伊勢うどんに並ぶ、伊勢志摩名物。

漁師が釣った魚をヅケにして、手でこねたので「てこね寿司」

かつおのイイのが手に入ったら、お家でも作るそうですよ。

スポンサーリンク
レクタングル大

伊勢志摩熱愛「てこね寿司」

てこね寿司とは?

ご家庭でも、お祝い事やなど、人が集まる時に作ります。

かつおを切ってヅケにして、酢飯と合わせたもの。

味付けは甘め。酢飯自体に甘辛いタレの味がついているのがポイント。

かつおは生もありますが、冷凍を使う家庭も多いそうです。冷凍は切りやすく、色が鮮やか。

また、魚はかつお以外でも。沿岸部では鯛やイサキ、アジなどでも作ります。

脂の乗った魚はタレが入らないので、脂が乗っていない方がてこね寿司に合うそうです。

いつ頃からた食べられるようになったかは、よくわかっていません。

志摩半島の沖合にカツオがたくさんやってくるので、漁師がさばいてまとめて醤油漬けにして、手こねで食べたのが始まり。

美味しいので漁師以外にも広まりました。

作り方

  1. かつおを切り分ける。
  2. 砂糖、しょう油、みりんを煮詰めてたれを作る。
  3. タレにかつおを30分つける。
  4. かつおとヅケだれを分離。
  5. 炊けた米につけダレと、砂糖・塩が入った酢を混ぜ、冷ます。
  6. かつおのヅケを乗せる。
  7. 紅生姜、刻んだ大葉をトッピング。
  8. 2日目、余ったら、炒めてチャーハンに。

てこね寿司のお店

てこね寿司は、伊勢志摩地方100軒以上のお店で提供されています。

食べログ だるまや

食べログ 手こね茶屋 本店

食べログ やまだ

食べログ 七越茶屋(伊勢うどんとセット)

作ってみました

てこね寿司、美味しそうでしたね。

簡単に作れそうなので、家でも作ってみました。

かつおは生のサクを買って、お刺身よりも薄めに切ります。

しょう油、みりん、砂糖のたれに30分ほど漬けます。

かつおのヅケ

寿司酢を混ぜたご飯に、タレも混ぜます。

てこね寿司のご飯

漬けたかつおを乗せます。

かつおを乗せたてこね寿司

大葉、小葱、海苔、白ごま、ショウガを散らして出来上がり。

てこね寿司完成

普通のちらし寿司よりもシンプル。

ご飯にもタレが混ざっているので、一体感があります。

美味しくて食べやすかったです。

美味しくて全部食べたかったけれど、わざと少し残して手こねチャーハンにしました。

てこね炒飯

番組では酢は飛ぶから気にならないと言っていましたが、やっぱり酢飯で酸味は感じます。

でも少し酸っぱいかな?くらいで、それほど気になりません。

酢飯にもタレがなじんでいるので、チャーハンにしても美味しいんですね。

翌日手こね寿司が余ったら是非♪

てこね寿司のお取り寄せ

家でも作れますが、お取り寄せもありますよ。

ヅケをご飯に乗せるだけなので、とっても簡単です。

よかったらこちらもどうぞ。

2019年6月13日 秘密のケンミンSHOW お寿司なのに海幸が入っていない、高知の田舎寿司が紹介されました。 ど...
2019年5月16日「秘密のケンミンSHOW」 ハレの日にぴったり、瀬戸内海の魚介たっぷり岡山のばら寿司。 岡山県民熱愛...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告